即日発行できるクレジットカードのパルコカードとエポスカードを徹底比較してみた

即日発行できるクレジットカードで、百貨店系列が提供しているクレジットカードのエポスカードとパルコカード。

どちらも特定の店舗に特化したカードとなっており、受けられる特典やポイントの還元率に大きな違いがあります。

しかし、同じようなお店が店舗内に入っていることも多く、両方に行くことがあるユーザーにとっては、どっちのカードを持った方がいいのかわからないこともあります。

そこで今回はクレジットカード即日発行ガイドのクレジットカード比較特集として、エポスカードとパルコカードを徹底比較してみました。

パルコカード、エポスカード、両カードさまざまな特徴や特典があります。

パルコには行くけどマルイには行かない。またはその逆などもあるかと思いますが、この優待特典を使いたいから、パルコカードを作る!と考える人もいます。

今すぐカードが発行できて、魅力のある特典が受けられるのはどちらか。ぜひ検討してみてください。


    パルコカード、エポスカードの入会費・年会費の比較

    エポスカード


    入会費・年会費無料
    ブランドVISAのみ



    パルコカード

    入会費・年会費無料
    ブランドVISA、Master、JCB、アメリカンエキスプレス

    パルコカード(アメリカン・エキスプレス付き)は、年会費無料版と、3,150円/年かかるものがあります。

    ※年会費無料と3,150円/年の違いは、付帯保険があるかないかです。 最高3,000万、海外・国内で旅行傷害保険が付きます。

    ここは両カード差はないと言っていいでしょう。

    パルコカードとエポスカードの入会特典の違い

    エポスカード

    エポスカードは入会+カードの利用で、数千ポイントプレゼントしてくれるキャンペーンを頻繁に行っています。
    マルイ店舗での買い物が多い方にはかなり嬉しい特典ですね(^^)

    それとエポスカードは、カードキャッシングを初めて利用した時から、最大30日間金利0円という特典があります。
    ※過去にエポスカードを退会した人、有効期限が切れて3年以上経過している人は、新規入会者となり、入会特典が受けられます。

    プレゼントされるポイントの量は時期によって変わります。
    公式サイトをチェックしてください。
    エポスカードの公式サイトはこちら →



    パルコカード

    パルコカードは新規入会でカード発行後1年間、PARCOでの買い物が5%オフという入会特典がメインですね。

    それと、カード発行時にPARCO店舗で使える、500円分の優待券がプレゼントされます。
    パルコカードの公式サイトはこちら →

    パルコカードとエポスカードのポイント還元率の差

    エポスカード

    ポイント還元率は0.5%
    ですが、貯め方を工夫すればポイント還元率を0.5%以上にすることもできます。

    パルコカード

    ポイント還元率は0.45%
    若干パルコカードの方がポイント還元率が低いです。

    しかしこれは、ポイントを支払いに使った時の場合なので、それ以外で貯まったポイントを使用する場合は、ポイント還元率はほぼ互角といったところでしょうか。

    パルコカードとエポスカードのポイントの貯め方・使い方

    エポスカード

    通常カード利用200円ごとに1ポイント貯まります。
    • カード1回払いだと200円ごとに1ポイント
    • リボ・分割払いだと200円で2ポイント
    支払方法によってポイントの利率が異なります。

    エポスカードで効率的にポイント貯める方法
    • エポスカードユーザー専用ショッピングサイト「たまるマーケット」を経由すると、エポスポイントの倍率が2〜30倍貯めやすくなります。
    • VISA加盟店での利用でも200円ごとに1ポイント貯まるので、マルイ以外の店舗でも積極的に使うべし
    • エポスの優待、提携店舗での利用時もカードを使う。場所によって最大5倍になるところもあります。
    • 会員専用サイト【エポトクプラザ】で、旅行、宿の予約をすれば最大6倍ポイントが貯まります。
    • 月々の光熱費などをエポスカードで貯める!
      携帯、公共料金以外に、家賃の支払いも【RoomID】を使えばポイントが貯めれます。
    • 楽天Edy、モバイルスイカなどの電子マネーチャージもエポスカードでやるべし!

    エポスポイントの使い方
    貯めたポイントは、ショッピングでの利用の他に、商品券と交換・エポスVisaプリペイドカードに移行・他社ポイントに移行などができます。

    ちなみに、ANAとJALどちらのマイルにも移行できます。
    ここがかなりいいと思います!
    ※ゴールド、プラチナカードになると、還元率はさらに良くなります。

    ただしエポスカードのポイント有効期限は2年間です。
    有効期限切れで失効しないように注意しましょう。

    ポイントのさらに詳しく情報はこちら →



    パルコカード

    1,000円ごとに永久不滅ポイントが1ポイント貯まります。

    パルコカードで効率的にポイント貯める方法
    • ポイントを一気に貯めたいなら「セゾンポイントモール」を経由して買い物をするとポイントが貯まります。
      ※提携店舗はAmazon、楽天、ヤフーショッピングなどを始めとした500店以上。最大30倍ポイントが貯まります。
    • アクションポイント+リサーチポイントを無料で貯めて、永久不滅ポイントへ交換

    パルコカードのポイントの使い方
    貯めたポイントはショッピングでの支払いやウェブマネー、アイテムなどに交換できます。
    しかし、おすすめは永久不滅ポイントをAmazonギフト券に交換することです。

    通常0.45%の還元率が0.5%に上がるためです。

    そして、パルコカードで貯めれる永久不滅ポイントには、有効期限はないので、自分のペースでコツコツ貯めて、好きな時に使えることが最大のメリットです。

    気長にポイント貯めたい方にはパルコカードがおすすめです。
    ※パルコカードも、買い物以外に、公共料金や税金の支払いなどでもポイントが貯まります。

    ポイントのさらに詳しく情報はこちら →



    どちらのポイントの貯め方、使い方にも良いところはありますが、使い方を選ばないのはエポスカードといったところでしょう。

    やはりパルコカードはポイントの貯め方、使い方がPARCOでの利用を想定している面がありますね。

    パルコカードとエポスカードにはどんな優待特典の違いがある?

    エポスカードの特典

    • 海外旅行傷害保険付帯
    • 年に4回開催される「マルコとマルオの7日間」では、マルイでの買い物が店舗でも通販でも10%オフ
    • マルイの通販では3,000円以上の注文で配送料が無料
    • 全国の飲食店で割引、特典
    • 舞台、イベントチケットの優待
    • 旅行予約などでポイント数倍付与
    • 遊園地、スパ・温泉の入場料、カラオケ、美容院、ネイルサロン、レンタカー、カーシェアの割引
    エポスカードにはかなり多くの優待、割引特典があります。
    それに加えて海外旅行傷害保険があるため、海外でも使えるサービスがあるのも嬉しいです。

    特に、海外のATMで現地通貨を引き出せることや、日本語のサポートデスクが使えるのは、海外でのトラブルに柔軟に対応できるため、非常にありがたいサービスと言えます。

    またカード紛失・盗難時は、61日前まで全額補償してくれるので、気づくのが遅くても実害なしとなるケースが多くなるのも素晴らしいです。

    この他にもエポスが提供する保険などへの加入時に特典がついていたり、学生も対象としているエポスカード故の、自動車免許取得用、運転免許クレジットなどのサービスがあるのもエポスカード特有の特典です。



    パルコカードの特典

    • 新規入会後1年間PARCOでの買い物が5%オフ
    • 年間10万円以上の利用で、翌年も5%オフになる「PARCOカード・クラスS」メンバーズになれます
    • カードメンバー限定企画の開催
    • パルコパーキング、付近駐車場の割引、駐車場利用時間延長サービス

    • パルコカードはPARCOで買い物をすることが多い人向けに特化した特典が充実しているのが特徴です。

      特に、PARCOをよく利用する人にとって、駐車場の無料や時間延長、割引が使えるのはかなり嬉しい特典です。

      その他にも、パルコカードをPARCOで使う時はサインも不要の為、精算が早くとても楽に買い物ができます。

    それとパルコカードはセゾン系列なので、全国の西友・リヴィンで毎月5日と20日は5%オフ。
    また、イープラスとの提携で、コンサートや演劇などの先行予約や優待割引などがあります。



    特典の多さはエポスカードに軍配が上がりますが、PARCOでの利用を考えるとパルコカードのオトクさはPARCOユーザーにとってかなり大きいと言えます。

    エポスカードは学生〜海外出張、海外留学、マルイユーザーと幅広いユーザーに利便性が高いので、その点は評価が高いです。

    パルコカードかエポスカードか海外に行く時持っていくなら?

    エポスカード

    海外旅行傷害保険が自動でついてきます。
    手続きは不要。
    ケガや病気、盗難や破損に対しても補償してくれます。
    日本語対応のサポートデスクは24時間。

    カードやパスポートの紛失といった緊急時だけでなく、現地案内やレストランやコンサートの予約もできます。
    またエポスカードなら海外旅行の申し込みは、「エポトクプラザ」経由で申し込みましょう。

    H.I.Sはエポスポイント3倍、日本旅行はエポスポイント5倍貯まって経済的♪

    そして「たまるマーケット」経由だと、エクスペディア・楽天トラベル・ANAなどが利用できます。

    エポスカードの申し込みはこちら →

    現地では「VISA」「PLUS」のマークがあるATMで現地通貨をキャッシングできますが、渡航前にショッピング利用枠の一時増額手続きをすることも可能。

    買いまくるぞ!という場合も買いすぎた!という場合も安心です。
    ※利用開始日から1ヵ月だけの増額です。



    パルコカード

    VISA、Master、JCBのブランドでパルコカードを発行した場合、、
    旅行保険はついていません。

    年会費3,000円はかかりますが、PARCOアメリカン・エキスプレス・カードには最高3,000万円までの国内・海外旅行傷害保険がついています。

    また、アメリカンエキスプレス特有のサービス、オンラインプロテクションも付くため、不正使用による損害などは補償してもらえます。



    結論を言うと、海外旅行、海外出張、海外留学、どれでも使える点でエポスカードを海外に持っていくと助かることは多いかと思います。

    パルコカードとエポスカード、どっちがおすすめ?

    優待特典や海外旅行傷害保険、ポイントの貯め方、使い道が幅広いなど、エポスカードはとても使い勝手の良いカードです。


    マルイを使わないから、という理由だけでカードを作らないのはもったいない!

    それくらい便利なクレジットカードと言えます。

    海外旅行や急な海外出張で、今すぐカードが欲しいという場合はあります。

    • 通貨を両替するのが面倒だから、カード払いがしたい。
    • 海外でキャッシングがしたい。
    そんな時、クレジットカードはとても便利。

    でも、入会金年会費無料で海外旅行傷害保険までついてくるカードはそうありません。

    海外旅行傷害保険が自動でついてきて、入会費年会費無料。
    さらに最短で即日発行が可能。
    この条件に全てあてはまるのは、エポスカードのみです。

    旅行や出張で海外に行くために即日発行できるカードを探している方には、是非おすすめしたいカードです。
    ※学生、社会人問わず。

    ショッピングやグルメ、観劇にスパや温泉、海外旅行など、生活のさまざまな「楽しいこと」に、おトクな特典が受けられるのがエポスカード。

    むしろ、マルイ以外で受けられる特典のほうが多いし魅力的。

    こうして比べてみると、パルコカードが見劣りしがちですが、パルコカードにもエポスカードに比べて優位な点があります。


    それはETCカードが即日発行できること。

    ETCカードを即日発行したい場合は、パルコカードに申し込みましょう。
    郵送で1〜2日かかる場合もありますが、即日発行が可能です。

    エポスカードはETCカードの発行に10日〜2週間程度かかり、即日発行はできません。

    もしも、ETCカードが確実に即日で欲しい場合は、セゾンカードの方がいいかもしれません。

    また、パルコカードで貯められるのは永久不滅ポイントなので、有効期限はありません。

    さらに、永久不滅ポイントは合算が可能。
    他のセゾン系カードをお持ちなら、ポイントをまとめることができます。

    メインで使っていないカードのポイントをつい期限切れにしてしまう、という心配はありません。

    で、どっちのカードが良いのか?

    エポスカードがおススメな人


    • マルイで買い物や食事をする人
    • 貯めたポイントを他社ポイントに移行したい人
    • 海外に行く予定のある人
    • グルメやエンタメ・温泉・旅行など、楽しいことが大好きな人
    • 学生


    パルコカードがおススメな人

    • ポイントに有効期限があるとうっかり失効してしまったり、欲しいアイテムの必要ポイント数に間に合わないといった経験がある人
    • ポイントをじっくりコツコツ貯めたい人
    • ETCカードを即日発行したい人
    • 西友やリヴィンで食料品や日用品を買うことがある人


    パルコカードとエポスカードの比較まとめ

    エポスカードもパルコカードも、入会費、年会費無料で即日発行が可能なクレジットカードです。

    しかし、各店舗でショッピングの割引や優待特典などの違いが見受けられます。

    こうしてスペックの詳細を書きだしてみると、マルイやPARCOを使わない人にも十分魅力がありますよね。

    百貨店系カードは、百貨店のブランド力がある反面、使わない・自分向きではないというだけで敬遠されてしまう面もあります。

    でも、意外な底力があることがお分かり頂けたかと思います。

    例えば、エポスカードを持っていれば、海外旅行の際に+αで保険に加入しなくて済むので、数千円浮きます。

    浮いたお金でお土産が買えちゃいますよね。
    普段行くカラオケやファミレスでも、ポイントが貯められます。

    PARCOカードなら、クレジットカードだけでなくETCカードも即日発行が可能。
    永久不滅ポイントを自分のペースで貯められるし、ポイントの合算もできます。

    最後に、マルイとPARCOの店舗情報を載せておきます。

    移動圏内に店舗があるか、是非チェックしてみてください。
    マルイ
    http://www.0101.co.jp/stores/index.html?from=01_pc_top_gn

    PARCO(左上の「店舗一覧」をクリック)
    http://parco.jp/

    ETCカードが今すぐ欲しい方にはPARCOカードをおススメしますが、グルメにショッピング、カラオケに温泉など楽しいことが大好きな方・海外旅行や海外出張によく行く方には、是非エポスカードをおススメします。

    今まで検討リストにすら入れていなかった方も、検討してみてはいかがでしょうか。