即時開示できる!自分の信用情報をCICで確認してみた

更新日:

CICで信用情報を確認してみた


CICに保管されている信用情報は、新しいクレジットカードの発行やローンを組むときの審査に大きく影響を与えます。

そんなCICの信用情報は、インターネットから簡単に確認可能です。

この記事では信用情報を即時開示をする手順や信用情報開示報告書の見方を、実際に情報開示したときの経験を踏まえて解説していきます。


    CICはカードの支払い履歴を管理する情報機関


    そもそもCIC(株式会社シー・アイ・シー)が一体どのようなものなのか、理解していない人も多くいます。

    CICとは、過去に利用したクレジットカードの支払い履歴や、ローンの返済履歴が記録された「信用情報」を管理する情報機関です。

    信用情報を管理するのは指定情報機関と呼ばれる組織で、CICの他にも「JICC(株式会社日本信用情報機構)」と「全国銀行協会」の2つが存在しています。


    クレジットカード会社やローンを取り扱う金融機関では、新規の申し込みがあると申込者の信用情報を開示します。

    信用情報の内容によって「安定して支払い期日を守っているか」「延滞を何回も繰り返す可能性がないか」などが判断され、審査に大きな影響を与えます。

    これまでに「支払いを延滞したことがある…」のように審査への不安がある人は、事前に自分の信用情報に傷がついていないか確認してみましょう。

    CICの信用情報に記録されている項目内容


    CICに登録される信用情報の、クレジットカードに関する項目は以下となります。

    項目 内容 登録期間
    個人情報 名前、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先名などの個人情報 契約期間中
    契約終了後5年以内
    契約内容 契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名など
    支払い状況 残高、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日など
    申し込み状況 個人情報、申し込み内容、照会日、照会会社名など 照会日より6ヶ月以内

    クレジットカードで支払いした記録は、契約期間中から契約終了後も5年間残ります。

    「今月はお金が足りないから1ヶ月だけ延滞しよう」といった軽い気持ちで支払日を破ると、その後5年にも渡って記録が残り、パソコンや車などの大きな買い物でローンが組めなくなることも…。


    クレジットカードを利用している人は、信用を傷つけないために、普段から支払い期限を守るよう徹底しましょう。

    また信用情報には、新規でクレジットカードに申し込んだ記録も6ヶ月残ります

    多数のクレジットカードを一気に申し込むと、中には審査に通りにくくなる人もいるので、6ヶ月以内に申し込むカードは3枚辺りまでにしておくのがおすすめです。

    スマホ端末の分割払いも信用情報に記録される


    CICに加盟しているのはクレジット会社だけでなく、大手携帯キャリア、百貨店、保険会社、保証会社、消費者金融など様々な会社があります。

    信用情報が落ちる原因で見落としがちなのが、分割払いにしたスマホ・携帯端末の支払い遅れです。

    通信量とセットになっているので忘れがちですが、延滞を続けていると、次に携帯を買い換える際にローンを組めなくなってしまうので注意しましょう。

    CICで信用情報を即時開示する手順は?


    ここからは実際にCICでの信用情報開示の流れを、順を追って解説していきます。
    手順通りに進めていけば、信用情報開示報告書を即日発行できます。

    事前に準備するものがあるので、その点もしっかり確認して準備しましょう。

    開示方法をパソコンかスマートフォンから選択

    まずはCICの公式サイトにアクセスしましょう。

    ▼CIC(割賦販売法・指定信用情報機関)
    https://www.cic.co.jp/index.html

    インターネット上で開示を行うためには「パソコンで開示」か「スマートフォンで開示」を選択します。

    CIC公式サイト


    パソコンで開示する場合は、Windowsユーザーのみの対応となっているので注意しましょう。

    パソコンで開示
    対応OS:Windows 8、Windows 8.1、 Windows 10
    対応ブラウザ:Internet Explorer11、Microsoft Edge

    スマートフォンで開示の場合は、iPhoneとAndroidどちらの機種にも対応しています。

    大まかな流れは、パソコンでもスマートフォンでも同じです。

    開示報告書はPDF形式でダウンロードされる

    ネットで情報開示を行うと、PDF形式で開示報告書を受け取ります。
    普段PDFファイルをあまり扱わない人は、こちらのサンプル開示報告書が問題なく表示されるか確認しておくと安心です。
    >>サンプル信用情報開示報告書



    受付番号を取得する

    信用情報の開示には、受付番号を取得する必要があります。

    開示方法を選択すると、受付番号を取得できるフリーダイヤルが表示されるので電話をかけます。

    CIC公式サイト フリーダイヤル


    音声に沿って手続きを進め、通知される6桁の受付番号をメモしましょう。

    受付番号の有効時間は1時間なので、取得したら早めに開示請求の手続きへと進みます。

    この際発信する電話番号は、クレジットカード会社に登録したものと同じにしましょう。
    別の電話番号から受付番号を取得しようとすると、照合がとれず正しく信用情報を開示できません。



    開示請求の手続きをする

    CIC公式サイト


    受付番号を取得したら、「ご利用前の最終確認」ボタンを押して開示請求の手続きへと進みましょう。

    開示請求に対応しているブラウザ・機種だと、入力画面が表示されます。

    CIC公式サイト 入力フォーム


    名前や住所といった個人情報や支払い情報を入力しましょう。

    運転免許証の入力欄もありますが、任意項目のため面倒な場合は入力不要です。


    入力が完了すると確認画面へと進み、「信用情報開示に必要なパスワード」が表示されるのでメモしましょう。

    CIC公式サイト 確認画面


    「確定」ボタンを押すと、自動的に開示報告書のPDFファイルがダウンロードされます。

    ダウンロードした開示報告書を確認

    CIC信用情報 開示報告書


    先ほどメモしたパスワードを入力すると、開示報告書を確認できるようになります。

    どの項目をチェックすればいいの?開示報告書の見方を解説


    開示報告書を開くと、中にはこのような表が記載されています。

    今回は解約済みのクレジットカードの情報で、各項目の見方をチェックしていきましょう。

    CIC信用情報 開示報告書の見方

    @個人情報

    名前や勤務先をいった個人情報が記載されています。
    引越しなどで住所の変更があった人は、新しい住所に変わっているか確認しておきましょう。

    A契約日

    対象のカードを契約した日付が記載されています。

    B支払い状況

    利用残高や入金額といった支払い状況が記載されています。

    ここで最も重要となる項目が「返済状況」の欄です。

    CIC信用情報 開示報告書の返済状況欄


    空白であれば問題ありませんが、過去に3ヶ月以上に渡る延滞があると返済状況の欄に「異動」と記載されます。

    異動の記載がある人は信用が低くなり、ローンやクレジットカードの審査に通りづらくなってしまいます。

    C入金状況


    入金状況の欄に並んでいる記号を見ると、今までに遅れなく入金できているかどうかを確認できます。

    表示 内容
    請求通りの入金があった(問題なく返済)
    請求自体がなかった(カード利用がなかった)
    A 引落日に入金がなかった(見入金)
    P 請求額の一部入金があった
    R 契約者以外からの入金があった
    B 契約者の都合と無関係で入金がなかった
    C 原因不明の未入金
    空欄 カード会社から情報の更新がなかった
    (カード利用がなかった)

    「$」や「ー」のみが並んでいると、支払い遅れが発生していない良好な信用情報と言えます。

    「A」や「P」が残ってままになっていると、今後の審査で不利になってしまいます。

    入金状況が良くないまま解約すると5年間記録が残る

    過去の入金状況は2年分記録されています。


    そしてクレジットカードを解約した場合、記録された2年間のデータが5年間信用情報として保管されます。


    入金状況にAなど未入金の記号が残っているまま解約すると、消えるまでに時間がかかってしまうので注意しましょう。


    CIC信用情報開示の注意点について


    ここからはCICで信用情報を開示する際に、覚えておきたい注意点について解説します。

    手数料の支払いがクレジットカードのみ


    CICで信用情報を開示する際には、所定の手数料が必要となります。

    開示方法 手数料
    インターネット開示 クレジットカード一括払い(1,000円)
    郵送開示 定額小為替証書(1,000円)
    窓口開示 現金(500円)

    ネットで開示する場合、手数料の支払い方法はクレジットカードのみです。

    自分の持っているクレジットカードがCICの支払いに対応しているかどうかは、こちらから確認できます。

    >>利用可能なクレジットカード(公式サイト)

    現在クレジットカードをすべて解約している場合は、郵送や窓口など別の手段を利用しましょう。

    窓口開示を受け付けているのは全国7箇所のみで、公式サイトより近くのCIC窓口を探せます。

    >>CIC窓口一覧(公式サイト)

    受付番号の取得に通話料がかかる


    信用情報開示に必要な受付番号を取得する際には、20秒ごとに10円の通話料が発生します。

    ただし受付番号を取得するまでに3分かかったとしても、90円ほどの通話料なのであまり高くなることはありません。

    電話がなかなか繋がらない場合は、先頭に「186」をつけると自分の番号が相手側に通知されるため、繋がりやすくなります。


    受付番号とパスワードのメモを忘れないようにする


    CICで信用情報をインターネットで開示する場合、手順の中で以下の2つの項目をメモして進める必要があります。

    メモが必要な項目
    ・受付番号
    ・信用情報開示に必要なパスワード

    これらはメールなどで後から届かないので、忘れないように控えておきましょう。

    特に受付番号を控え忘れると開示請求の手続きに進めず、再度電話をかける無駄な手間や通話料が発生してしまいます。

    信用情報の誤っている情報は修正できる


    もしも信用情報に誤った情報が載っている場合は、訂正や削除を申し込めます。

    ・身に覚えのない未入金記録が残っている
    ・支払い状況が誤っている
    ・住所や勤務先に誤りがある

    このような場合にはCICに問い合わせると、登録元のクレジット会社を通してデータの変更が可能です。

    情報開示すると確認の郵便物が届く


    CICで信用情報を開示すると、このような確認の書類が郵送されます。

    CIC信用情報の確認書類


    信用情報を開示する人の中には、借金の返済が正しくできているかの確認など、周りの人に話しづらい事情がある場合も多いです。

    同居人などに信用情報を開示したことを気付かれたくない場合は、注意しましょう。