コストコでクレジットカード使うならポイントが貯まりやすいカードがおすすめ!

コストコでの支払い方法は、
  • 現金
  • コストコプリペイドカード
  • クレジットカード
3つの方法がありますが、コストコでの支払いはポイントの貯まるクレジットカードを使った方が絶対にお得です!
2018年2月1日よりコストコで使えるクレジットカードのブランドが「アメックス」から「マスターカード」へと変更になりました。 参考記事:コストコとオリコの提携について
コストコは高品質な食料品や日用品、薬などが会員になれば安く購入できるので、ついついまとめ買いをしてしまい合計金額が高額になってしまいがちです。

でも、この金額にポイント還元が付くと、コストコの年会費を取り戻すことができるくらいポイントが貯まるので、クレジットカードを使った方が断然お得なんです!

そこでクレジットカード即日発行ガイドでは、コストコはもちろん、別の店舗でもお得にポイントが貯まるクレジットカードを紹介していきます!

また、「コストコで使える最強カード」といわれているコストコグローバルカードについて、一体なにが最強なのかも調べてみました。

クレジットカード即日発行ガイドが紹介するカードを使ってコストコでお得に買い物しちゃいましょう!

コストコクレジットカードおすすめはこれ!

コストコで使うクレジットカードを選ぶなら、コストパフォーマンスとポイント還元率で選ぶのがポイントです。

そこでおすすめのカードは、

リクルートカード
Yahoo! JAPANカード
楽天カード
セゾンカードインターナショナル
パルコカード

この5つのクレジットカードは年会費無料でコストコでの支払いでも、普段使いでもポイントが貯まっていきます。

では、それぞれのカードの特徴を紹介していきましょう。

Pontaポイントを貯めるなら 「リクルートカード」


年会費 無料
還元率 1.2%
ETCカード 発行手数料1,000円(税抜)
※発行期間は1週間〜10日前後。

リクルートカードの特徴
リクルートカードは年会費無料でありながらポイント還元率1.2%と高還元率で人気のカードです。貯まったポイントは、Pontaポイントに相互交換することができます。
特にローソンに設置されているLoppiのLoppiお試し引換券の利用で1ポイント=2円〜3円で試すことができるので商品をお得に購入することが可能です。

Loppiお試し引換券とは、ローソンにある端末「Loppi」で、Pontaポイントと多様な商品を交換できる制度です。



ポイント還元率1.0%でTポイントがお得に貯まる! 「Yahoo! JAPANカード」


年会費 無料
還元率 1.0%
ETCカード 年会費無料
※発行期間は1週間〜10日前後。

Yahoo! JAPANカードの特徴
Yahoo! JAPANカードで貯まるポイントは「Tポイント」で、100円につき1ポイントなので、ポイントが貯まりやすく、また貯まったポイントも使いやすいのが特徴です。
コストコではTポイントは使えませんが、Tポイントが貯まって使えるお店の数はなんと800,000店舗以上。
スーパーマーケットやドラックストア、コンビニはもちろん、地方銀行など生活に密着した店舗や、ネット通販でもTポイントを貯めたり、使ったりすることができます。

例えば、ファミリーマート、マルエツ、ウエルシア、マルエドラッグ、Yahoo!ショッピング、T-SITE SHOPPING、LOHAKO、Yahoo!ショッピング、T-SITE SHOPPING、LOHAKO、Yahoo!ショッピング、T-SITE SHOPPING、LOHAKOなど



楽天ユーザーであれば 「楽天カード」


年会費 無料
還元率 1.0%
ETCカード 500円(税抜)
※発行期間は最短3日営業日〜1週間程度。

楽天カードの特徴
楽天市場や楽天トラベルなど、楽天関係をよく利用する人であれば楽天カードがおすすめです。
ポイント還元率1.0%で貯まったポイントは、1ポイント=1円として利用することができます。
楽天Edyへのチャージにも利用可能なのでお得にポイントを活用することができます。
コストコを利用する専業主婦やパート主婦の人でも審査に通りやすいカードとなっているのも魅力の1つですね。


即日発行でコストコで貯めたポイントは永久不滅! 「セゾンカードインターナショナル」


年会費 無料
還元率 0.5%〜1.0%
ETCカード 年会費無料
※発行期間は最短即日発行。

セゾンカードインターナショナルの特徴
セゾンカードインターナショナルは、即日発行対応のカードなので、早くコストコに買い物に行きたいと考えている人にはおすすめです!

セゾンカードインターナショナルを即日発行したい方は「セゾンカードの即日発行はセゾンカウンターが近くにあればできる!」をご覧ください。

セゾンカードインターナショナルは1,000円利用ごとに1ポイント貯まり、1ポイントが5円相当にあたるので、還元率にすると0.5%になります。
貯まったポイントは永久不滅なので、コストコの買い物で貯まったポイントが消滅したり、ポイントの交換期限が迫る心配もないので安心です。
また、毎月5日・20日に西友やリヴィン、サニーなどの店舗で5%の割引優待やセブンイレブンやイトーヨーカドーで使える電子マネー「nanaco」をお得に使うことができるので、お得に使える場面が沢山あります。


近所にパルコがあるなら断然お得! 「パルコカード」


年会費 無料
還元率 0.5%
ETCカード 年会費無料
※発行期間は最短即日発行。

パルコカードの特徴
パルコカードは、パルコに入っている店舗であれば5%割引で買い物ができます。
例えば、無印良品、ユニクロ、GU、フランフラン、スターバックスなど、パルコの中にある店舗が対象となります。
セゾンカードインターナショナルと同様、ポイントに有効期限はないので、貯めたポイントが消滅する心配ないのと、西友、リヴィン、サニーで毎月5日・20日に5%割引とポイントが同時に貯まっていくので、パルコだけでなく西友とコストコだけ利用してもお得に使えます。


コストコグローバルカードは本当に最強カードなのか

結論から言うと、コストコヘビーユーザーならコストコグローバルカードは最強といえるでしょう。
コストコグローバルカードのメリット
  • 年1回利用で年会費無料(利用なしで年会費1,250円)
  • 国内のコストコ、ガスステーション(ガソリンスタンド)利用でポイント還元率1.5%と高還元率!(コストコ以外で1.0%)
  • 貯まったポイントはコストコで1円から使える。
  • ポイントは年に1回、コストコのみ使える電子マネーとして自動キャッシュバックされる。
  • 海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が付帯する。
国内のコストコ限定にはなりますが、ポイント還元率1.5%となると、かなりお得ですよね。

しかし、メリット豊富と思われがちのクレジットカードですがデメリットもあります。
コストコグローバルカードのデメリット
  • 貯まったポイントはコストコでしか使えない。
  • コストコ年会費の自動引き落とし設定が必須。
  • コストコ会員をやめるとポイントが使えず0%還元になる。
  • キャッシュバックされたポイントの有効期限は1年間。
デメリットをみるとわかるように、コストコでしかお得に使えないのです。

コストコで毎月何万も買い物をする
コストコでしかクレジットカードを使わない

この2つの条件であれば、コストコグローバルカードがお得に使え良いと思います。

しかし、コストコで1〜2万程度の買い物を月1回くらいでしたら、紹介した5つのカードの方がお得に使えるでしょう。

コストコグローバルカードは即日発行できる?

残念ながらコストコグローバルカードは即日発行のクレジットカードではありません。

ネットなどの情報によると、審査から発行まで平均2〜3週間かかるとのこと。

長い人で手元に届くまで1ヶ月かかったなんていう人もいました。

早くクレジットカードを使ってコストコで買い物をしたいと考えているのなら、今すぐ申し込みすることをおすすめします。

コストコで使うクレジットカードはポイントが貯まりやすいカードを選ぼう

コストコで使えるマスターカードブランドのクレジットカードは沢山あります。

その中でも、クレジットカード即日発行ガイドがおすすめするのは、


この5つのカードです。

コストコで使うなら、ブランドはマスターカードにすることをお忘れなく!

コストコで使えるクレジットカード欲しいけど審査が心配…。

クレジットカードの審査に通るか心配…。

だけどクレジットを使ってコストコで買い物をしたい!

という人であれば「ACマスターカード」がおすすめです。


残念ながらポイントシステムがありません。

しかし、審査基準が「一定の収入があり、きちんと支払いが可能か」ということなので、パートの主婦、アルバイトをしている学生、派遣社員などでも審査に通る可能性があります。

(参考記事:即日発行のクレジットカードは審査が甘いって本当?

また、最短で当日発行可能な業界NO.1のクレジットカードなので、審査に通ればすぐにコストコで使えます。

審査基準が他社のカード会社と違うというだけで、決して審査が甘いということではないのですが審査が心配であればACマスターカードがおすすめです。

(参考記事:ACマスターカードを即日発行するまでの最短手順