三井住友カード徹底ガイド|おすすめのカードはコレ!

三井住友カードは、知らない人がいないと思われる超大手クレジットカードブランド。銀行系ということもあり、信用安心も確かなものがあります。


三井住友カードの種類はなんと253種類

商業施設などとの提携カードだけでなく、目的別のカードが充実している点が強みです。

しかし、いざクレジットカードが欲しい時、カード会社でまず迷って、やっと絞ったカード会社でカードの種類に迷いますよね。。。

そんな迷いのメールをユーザー様からもらったので、クレジットカード即日発行ガイドが、三井住友カード253種類の中からカテゴリー別におすすめのカードを紹介していきます。




    迷ったらコレ!三井住友カードA(旧クラシックカードA)

    三井住友カードの中で最もスタンダードなクレジットカード。
    三井住友カード(旧クラシックカード)と、三井住友カードA(旧クラシックカードA)の2種類あります。

    今回は、その中でもおすすめな三井住友カードA(旧クラシックカードA)のご紹介です。

    年会費をちょっとプラスでより充実のサービス

    三井住友カードA(旧クラシックカードA)は、満18歳以上の方なら入会可能。
    ネット申し込みなら初年度年会費は無料で、翌年以降は税別1,250円、三井住友カードA(旧クラシックカードA)は250円プラスの税別1,500円。


    三井住友カードの中では三井住友カードA(旧クラシックカードA)が一番おすすめです!

    旅行に行くからクレジットカードが欲しい、という方も多いはず。

    三井住友カード(旧クラシックカード)は最高2,000万円の海外旅行傷害保険がついていますが、三井住友カードA(旧クラシックカードA)は海外旅行保険が最高2,500万円・国内旅行保険が最高2,000万円までついています。

    ポイントサービスを有効活用

    三井住友カードは、ワールドプレゼントというポイントサービスがあります。

    1,000円で1ポイント貯まり、景品や他社ポイントプログラムに交換できます。ネットショッピングの際は、ポイントUPモールを経由してさらにおトクにポイントを貯めましょう。

    最高100万円のショッピング補償・不正利用を事前に発見するセキュリティ体制など、安心と安全の揃った三井住友クラシックカードAで、旅行やショッピングを存分に楽しみましょう。


    三井住友カードの公式サイトを見る


    ゴールドカードなら:三井住友カード ゴールド(旧ゴールドカード)

    三井住友カードゴールド(旧ゴールドカード)は、充実したサービスを受けられるクレジットカード。

    • 空港ラウンジサービス
    • 高級旅館やホテルの予約ができる「by relux」
    • 24時間年中無休で医師に電話相談ができる「ドクターコール24」
    などがあります。
    満30歳以上で収入が安定している方なら入会可能。

    ネット申し込みなら初年度年会費は無料で、翌年以降は税別10,000円かかります。

    家族も保険の補償対象になる三井住友カードゴールド(旧ゴールドカード)で、ワンランク上のサービスを受けてみませんか。


    三井住友カードの公式サイトを見る


    学生向けなら:三井住友カードデビュープラス

    三井住友カードデビュープラスは、満18歳〜25歳までの方に入会資格がある学生向けのクレジットカード。

    いつでもポイント2倍で、入会後3ヶ月間はポイント5倍。貯まったポイントは、アイテム交換や各種ポイントサービスへ移行できます。

    初年度年会費無料・翌年度以降は税別1,250円の年会費がかかりますが、年に1回でもカードを利用すれば翌年の年会費は無料になります。

    さらに、2020年4月30日までに入会すれば年会費が永久無料になるキャンペーンも実施中!
    三井住友カードデビュープラスに入会するなら、今が1番お得です。

    満26歳以降の最初のカード更新で、プライムゴールドカードに自動的にランクアップされます。

    三井住友カードデビュープラスで、クレジットカードデビューしましょう。


    三井住友カードの公式サイトを見る


    女性向けなら:三井住友カード アミティエ

    三井住友カードアミティエは、女性優待特典のついた女性向けクレジットカード。

    携帯・PHS料金のポイントが2倍になるのはアミティエのみ。
    WEB明細書サービスを利用すると、年会費が750円になります。

    満18歳以上の女性なら入会可能です。

    ネット申し込みなら初年度年会費は無料で、翌年以降は税別1,250円かかります。

    希望すれば、よりセキュリティの高い写真入りICカードに切り替えることも可能です。

    カードデザインも可愛らしいピンク色で、ショッピングがちょっと楽しくなるカードですよ。


    三井住友カードの公式サイトを見る


    ローンカードなら:三井住友カードゴールドローン

    三井住友カードゴールドローンは、ローン専用のゴールドカード。

    利用枠は700万円で、利率は3.5%〜9.8%。
    返済実績に応じて、翌年度の利率が最大1.2%まで下がるサービスも。

    ネット・携帯・電話での申し込みなら、最短で即時口座へ振り込みが可能。

    満20歳〜55歳以下で安定した収入がある方なら入会可能。年会費は無料です。

    三井住友銀行が、安心と信頼であなたをサポートしてくれます。



    三井住友カードの公式サイトを見る


    銀聯(ぎんれん)カードなら:三井住友銀聯カード

    銀聯カードは、中国で最も使われているクレジットカードブランド。
    銀聯加盟店は中国に約1,200万店。カードのデザインは大陸柄とパンダ柄の2種類から選べます。

    6ケタの暗証番号とサインがないと使えないので、セキュリティも万全。

    満18歳以上なら入会可能。発行手数料は税別2,000円かかりますが、年会費は永年無料

    ショッピング専用のカードなのでキャッシングはできませんが、旅行や出張で中国に良く行く方におすすめのカードです。



    三井住友カードの公式サイトを見る


    マイルを貯めたいなら:ANAカード

    クラシックカードやデビュープラスカードでもポイントをANAマイルに交換できますが、効率よく貯めたいならANAカードがおすすめ。

    フライト時のマイルに加え、ショッピングで貯めたポイントもマイルに移行できます。 入会時と毎年のカード継続時に、ボーナスポイントがもらえます。

    満18歳以上なら入会可能。初年度年会費は無料で、翌年以降は税別2,000円かかります。

    国内・海外ともに航空傷害保険が自動でついてくる安心のANAカードで、フライトをもっと楽しみましょう。


    三井住友カードの公式サイトを見る



    三井住友カードの知っておきたい情報

    ここからは三井住友カード全体として、知っておきたい情報をご紹介します。
    年会費や審査などについても合わせて解説していきますので、参考にしてみてください。

    カード発行の申し込みはネットからがおトク!

    三井住友カードは、ネットから申し込むと最短翌営業日でカードを発行・約1週間でお手元に届きます。

    三井住友カード(旧クラシックカード)、三井住友カードA(旧クラシックカードA)、三井住友カードゴールド(旧ゴールドカード)、三井住友カードデビュープラス、三井住友カードアミティエの「初年度年会費無料」はネット申し込みの場合の条件ですし、どのカードもネット申し込みのほうが早くておトクです。


    年会費をさらにおトクにする裏ワザ

    今回紹介した7種類のクレジットカードのうち、提携カードであるANAカード、年会費永年無料である銀聯カードを除く、スタンダードカード5種類は、入会翌年度以降の年会費をおトクにする裏ワザがあります。

    年会費割引特典:カード利用明細書を、紙からWEB明細にするとおトク!
    紙の明細書からWEB明細書に変更すると、翌年度の年会費が最大1,000円オフになります。
    • 三井住友カードゴールド(旧ゴールドカード)は翌年度年会費が税別1,000円割引
    • それ以外のカードは翌年度年会費が税別500円割引

    マイ・ペイすリボの登録と利用でおトク!

    ウリ坊のキャラクターが出てくるCMで、知っている方も多いはず。

    マイ・ペイすリボは支払いをリボ払いにするサービス。
    マイ・ペイすリボに登録し、年に1回でも利用すれば
    • ゴールドカードは半額
    • それ以外のカードは無料

    ただし、リボ払いは支払額が一定になる反面、手数料をずっと支払い続けることも。

    マイ・ペイすリボの最低支払額を、全額返済に設定してください。

    こうすることで、1回払いになるので手数料を無駄に払い続けなくて良くなります。

    この設定を忘れると、リボ払いが延々と続く場合があるのでご注意を。



    電子マネーも使える!

    三井住友カードは、電子マネーも使えます。
    三井住友カード(旧クラシックカード)、三井住友カードA(旧クラシックカードA)、三井住友カードゴールド(旧ゴールドカード)、三井住友カードデビュープラス、三井住友カードアミティエともに、iD、PiTaPa、WAONが使えます。

    さて、ここまで三井住友カードについて紹介してきましたが、「やっぱり今日中にカードが欲しい!」という方もいらっしゃると思います。

    今すぐカードが欲しい方には、「即日発行が可能なクレジットカード」があります。

    どのカードも、審査さえ通れば即日発行が可能です。よろしければ検討してみてください。

    審査に通るにはこう申し込むべし!

    三井住友カードの審査難度は高く、審査の基準を超えるのは難しいという話を良く聞きますが、世界シェアNo,1のクレジットカードがそこまで審査が厳しいかと言われると、そうではない気がします。

    というのも、三井住友カードはちゃんと記入項目を記入していれば、やみくもに審査に落とすようなことはないからです。
    でなければ、カード発行対象年齢は18歳以上という低い設定はしません。

    また、審査に落ちている人はキャッシング枠の申請も同時にしている方が多く見受けられるので、返済能力の問題で審査落ちしている可能性が高いです。

    キャッシング枠が必要ない方で三井住友カードの審査に通りたい方は、キャッシング枠を『0円』で申請することをおすすめします。

    また、三井住友銀行の口座をお持ちの方であれば、そちらから三井住友カードの発行を申請すると、審査が比較的スムーズに行われることがあるので、そちらもおすすめです。

    あとは必要事項に嘘偽りなく記載しておけば、18歳の方でも専業主婦の方でも審査に通過することは可能です。




    更新日: