デビットカードの基本情報から即日発行可能な1枚を発行までの流れと合わせてご紹介

更新日:

デビットカードで即日発行できるのは


デビットカードとは、利用代金の支払いと同時に銀行口座からお金が引き落とされるカード。

審査なしで高校生でも発行できるうえに、クレジットカードと同じように店舗でも利用できます。

国際ブランドを付帯しているデビットカードなら急な海外旅行のお供にもぴったりです!

そんなデビットカードを急ぎで入手して今すぐ使いたい人のために、即日発行できるデビットカードについて紹介します。


    デビットカードを即日発行する方法は?


    デビットカードを即日発行するためには「店頭受け取り」に対応しているものを選ぶ必要があります。

    デビットカードの受け取り方法と届くまでの日数はこちらです。
    • 店頭受け取り:即日発行
    • 郵送受け取り:5日〜2週間ほど
    郵送にすると届くまでに発送する手間が増えるためどうしても時間がかかります。

    即日発行可能なデビットカードは35枚中たった1枚だけ!


    デビットカードを即日発行するには「店頭受け取り」できることが条件ですが、現在即日発行可能で店頭受け取りに対応しているデビットカードは「りそなデビットカード」のみです。

    りそなデビットカード


    りそなデビットカード 券面画像

    年会費 無料
    申し込み資格 15歳以上
    国際ブランド VISA
    発行日数 10日〜14日ほど
    (店頭受け取りの場合は即日)
    ポイント還元率 0.5%

    「りそなデビットカード」はデビットカードの中で唯一、即日発行が可能なデビットカードです。

    りそな銀行で申し込みすると最短30分でカードを手に入れられます。
    近くに店舗があるかは公式サイトから確認可能です。

    公式サイトで近くのりそなグループ店舗を検索


    りそなグループ店舗は関東や関西を中心に全国展開しています。
    しかし北海道や東北には計3箇所しかないなど、地方だと近くに店舗がない場合もあります。


    りそなデビットカードの特徴は使えば使うほどポイントが貯まること。

    デビットカードと聞くと、クレジットカードのようなポイント制度はないのでは?
    と思う人も多いですが、りそなデビットカードは1,000円利用するごとに5円分のポイントが貯まります。

    ポイント還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同じくらいの還元率です。

    貯まったポイントはWAONポイント、dポイント、スターバックスカードへの入金など様々な交換先があります。
    りそなデビットカードのポイント交換先 りそな銀行公式サイトより引用

    旅行などイベントのときだけでなく、普段からデビットカードを使っているとその分ポイントが貯まりお得です。

    りそなデビットカード〈JMB〉


    りそなデビットカードJMB 券面画像

    年会費 無料
    (2年目以降も年1回以上利用で無料)
    (25歳以下の人無料)
    申し込み資格 15歳以上
    国際ブランド VISA
    発行日数 10日〜14日ほど
    (店頭受け取りの場合は即日)
    ポイント還元率 0.5%

    「りそなデビットカード〈JMB〉」はりそな銀行が発行するデビットカードです。
    りそなグループ店舗で申し込めば即日発行ができます。

    通常のりそなデビットカードと異なる点は「マイルが貯まる」ことです。
    200円の支払いごとに1マイルが貯まります。

    国際ブランドは世界シェアナンバーワンの「VISA」です。
    海外のホテルやレストランはほとんどの場合VISAの支払いに対応しているので、旅行のときも現金をむやみに持ち歩く必要がなく安心です。

    年会費は2年目からは1,000円がかかりますが、年に1回以上の利用があれば無料!
    つまり実質、年会費永年無料で使い続けられます。

    海外旅行によく行く人やマイルを貯めてお得に飛行機に乗りたい人におすすめです。

    発行日数が早いデビットカードを日数順にランキングで紹介!


    デビットカードが届くまでに数日かかっても構わない人や、他のデビットカードもチェックしたい人のために、発行日数が早いおすすめデビットカードをランキングで紹介します。

    楽天銀行デビットカード


    楽天銀行デビットカードVISA券面画像

    年会費 無料
    申し込み資格 16歳以上
    国際ブランド VISA|JCB
    発行日数 5日〜10日ほど
    (店頭受け取りの場合は即日)
    ポイント還元率 1%

    「楽天銀行デビットカード」は国際ブランドを「VISA」か「JCB」のどちらかから選択できます。

    どちらの国際ブランドも世界シェア上位に入っているので大きな違いはありませんが、どちらか迷った場合は下記を参考に選ぶといいでしょう。
    • 海外で利用する予定がある:VISA
    • すでのVISAのカードを持っている、可愛いデザインのカードにしたい:JCB
    楽天銀行デビットカードの魅力はポイント還元率1%と高還元なところ。
    楽天クレジットカードと同様の1%還元でポイントが貯まるのが嬉しいです。

    現在楽天銀行デビットカードは新規入会者を対象に1,000円分のポイントプレゼントキャンペーンを実施しています!

    対象期間に5,000円以上のカード利用で全員特典をもらえるので、他のデビットカードよりお得に発行できます。


    JNB Visaデビットカード


    JNB Visaデビットカード券面画像

    年会費 無料
    申し込み資格 15歳以上
    国際ブランド VISA
    発行日数 最短5日
    ポイント還元率 0.2%

    「JNB Visaデビットカード」はジャパンネット銀行が発行するデビットカード。
    審査なしで15歳以上であれば誰でも発行ができます。

    JNB Visaデビットカードは最短5日で届くので、デビットカードの中でも特に発行日数が早いカードです。

    郵送で申し込みも可能ですが届くまでに2週間ほどかかるので、少しでも早くカードが手元にほしい場合は必ずWebから申し込みしましょう。

    Sony Bank WALLET


    Sony Bank WALLET券面画像

    年会費 無料
    申し込み資格 15歳以上
    国際ブランド VISA
    発行日数 5〜10日ほど
    ポイント還元率 0.5〜2%

    「Sony Bank WALLET」はソニー銀行が発行するデビットカードです。

    Sony Bank WALLETは月末の残高や利用状況に応じてポイント還元率がアップするのが特徴。最高ランクのプラチナ会員だと利用金額の2%がキャッシュバックされます。
    ステージなし 0.5%
    シルバー 1%
    ゴールド 1.5%
    プラチナ 2%

    例えば、月10万円利用した場合の還元額はステージなしの場合は500円ですが、プラチナステージになると2000円にもなります!

    三菱UFJデビット


    三菱UFJデビット券面画像

    年会費 無料
    申し込み資格 15歳以上
    国際ブランド VISA|JCB
    発行日数 5〜10日ほど
    ポイント還元率 VISA:0.2%
    JCB:0.3〜0.5%

    「三菱UFJデビット」は三菱UFJ銀行のATM手数料が無料になるデビットカードです。
    ショッピング保険や海外国内旅行保険といった保険も充実しています。

    2020年3月からはApple Payへの対応も開始したので、iPhoneやApple Watchでスマートに支払いができるのもポイントです。

    メガバンクが発行しているカードなので、機能が多く安心感がありますが、ポイント還元率は決して高くありません。

    SMBCデビット


    SMBCデビット券面画像

    年会費 無料
    申し込み資格 15歳以上
    国際ブランド VISA
    発行日数 1〜2週間ほど
    ポイント還元率 0.25〜0.5%

    SMBCデビットは三井住友銀行の口座から支払いができるデビットカードです。

    電子マネー「iD」が付帯しているのでiDの加盟店ではカードをタッチするだけでスムーズに支払いができます。

    SMBCデビットはすでに三井住友銀行の口座を持っている人は、アプリで即日発行が可能です。

    三井住友銀行アプリで申し込むとすぐにカード番号が表示されるのでそのままネットショッピングなどに使えます。
    もちろんカード本体も後日自宅に届きます。

    みずほJCBデビット


    みずほJCBデビット券面画像

    年会費 無料
    (2年目以降も年1回以上利用で無料)
    (満23歳以下の人無料)
    申し込み資格 15歳以上
    国際ブランド JCB
    発行日数 2〜3週間ほど
    ポイント還元率 0.2%

    「みずほJCBデビット」はみずほ銀行の利用がお得なデビットカード。

    年会費は初年度無料で2年目以降も年1回以上のカード利用があれば無料です。

    みずほJCBデビットの特典は、みずほ銀行とイオン銀行のATM時間外手数料が無料になること!
    普段から給料の振込などでみずほ銀行を利用している人は、いつでも引き落としできて便利なカードです。

    ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード


    ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード券面画像

    年会費 無料
    申し込み資格 15歳以上
    国際ブランド VISA
    発行日数 14〜21日ほど
    ポイント還元率 0.15〜0.4%

    航空会社と提携しているだけあって、次のように海外利用する機会がある人にメリットが多いカードです。
    • 航空券の支払いでマイルが貯まる
    • 世界200国以上のATMで現金通貨が引き出せる

    また海外と国内の旅行傷害保険が付帯しているので旅行時も安心。

    旅行傷害保険が付くカードは年会費がかかることが多い中、年会費無料で充実した保険や補償を受けられるのが魅力です。

    ただし発行にかかる期間は3週間程度と他のデビットカードよりも長いです。
    旅行で利用予定の人は遅くでも出発1ヶ月前には申し込んでおくと良いでしょう。

    ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードはかつて即日発行サービスを行なっていましたが、2020年2月14日をもって終了しています。
    現在即日発行できるデビットカードは「りそなデビットカード」だけなので注意しましょう。


    高校生でも持てる!学生におすすめのデビットカード

    高校生でもクレジットカードを持ちたい場合は、審査が不要なデビットカードを作るのも一つの手かもしれません。

    下記の楽天デビットカードは16歳から発行できるデビットカード。
    クレジットカードと同じようにキャッシュレスで決済できて、ポイントも貯められます。

    楽天パンダデザインの可愛いカードが高校生から持てるのでおすすめです。

    楽天デビットカード(JCB)

    • 年会費が永年無料(卒業後は楽天カードに切替)
    • 利用した代金100円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる
    • 海外のATMでも利用できてキャッシングも可能


    デビットカードの発行に必要なものは?

    デビットカードを発行する際はこちらの書類を用意しましょう。
    • 本人確認書類(写真付きがベスト)
    • 印鑑
    デビットカードを発行するときにはカードに紐づいた銀行口座を開設します。
    例:楽天銀行デビットカードの場合、楽天銀行の口座を開設
    通常の銀行口座を作るときと同様に本人確認書類と印鑑を用意する必要があります。

    すでに発行したいデビットカードの銀行口座を持っている場合は、追加で必要な書類はありません。

    デビットカードとは?審査がない理由をクレジットカードとの違いから分析


    デビットカードは審査がなく、申し込み条件の年齢を満たしていれば高校生でも発行できるカードです。

    クレジットカードと同じようにお店で使えるにも関わらず、審査なしで発行できるのはなぜでしょうか。

    デビットカードとクレジットカードってなにが違うの?

    デビットカードとクレジットカードの違いは支払いの方法にあります。

    デビットカードは買い物をすると同時に銀行口座から利用金額が引き落とされる仕組みになっています。

    クレジットカードとデビットカードの違い


    クレジットカードは支払いに使った料金を、カード会社が翌月まで立て替える仕組みになっています。

    そのためカード会社は、申込者の収入や過去のカード利用履歴などを確認し、利用代金の返済能力があるのかを審査します。

    それに対しデビットカードは、あらかじめ口座に入金された分の金額しか利用できません。

    この場合カード会社には、支払いの延滞や滞納をされるリスクがないので、デビットカードは審査なしで発行できるのです。

    クレジットカードのように
    「お金を立て替える」→「翌月に返済」
    の流れがないので、本人の属性にかかわらず発行できるのが特徴です。

    特に高校生や無職でお金に余裕がない人は、使いすぎる心配がないだけでなく、キャッシュレス還元の割引も受けられてお得です。



    デビットカードを発行するまでの流れは?


    デビットカードにはクレジットカードのような審査がないので早く発行できるイメージがありますが、実際には平均1〜2週間程度はかかります。

    デビットカード申し込みの流れ

    デビットカードには店頭受け取りに対応しているものが少なく、郵送で受け取る必要があるため手元に届くまでに時間がかかってしまうのです。

    旅行などのイベントにデビットカードを用意したい人はなるべく早めに準備するのが大事です。

    どうしても即日発行したい人は、クレジットカードの発行に抵抗がなければ即日発行できるクレジットカードも検討してみましょう。

    クレジットカードは海外旅行傷害保険や盗難補償などの保険が充実している傾向にあります。
    また、デビットカードだと万が一口座の残高が無くなってしまった場合に利用できなくなるリスクも考えられます。

    即日発行可能で海外旅行保険も付帯しているクレジットカードでは「エポスカード」がおすすめ。

    エポスカード券面画像

    当サイトではエポスカードを即日発行する方法とお得な特典について詳しく解説しています。

    地方銀行のデビットカードの発行日数は?


    デビットカードは銀行口座に紐づけて利用するカードなので、地方銀行にもデビットカードを発行している銀行が多くあります。

    当サイトで調査したデビットカードを発行している地方銀行とWebで申し込んだ際の発行日数がこちらです。

    カード名 銀行 発行日数
    道銀Visaデビット 北海道銀行 1〜2週間ほど
    北洋-JCBデビット 北洋銀行 2〜3週間ほど
    Only Oneデビット<JCB> 秋田銀行 1週間〜10日ほど
    東邦Always デビットカード(JCB) 東邦銀行 1〜2週間ほど
    77JCBデビット 七十七銀行 1〜2週間ほど
    JOYO CARD Debit 常陽銀行 7〜10日ほど
    ちばぎんスーパーカード<デビット> 千葉銀行 2週間ほど
    スルガ銀行デビットカード スルガ銀行 7〜10日ほど
    めいぎんJCBデビット 名古屋銀行 2週間ほど
    愛銀Visaデビット 愛知銀行 1〜2週間ほど
    OKBデビット(JCB) 店頭受付のみ 大垣共立銀行
    じゅうろくJCBデビット 十六銀行 2週間ほど
    ほくぎんデビット(JCB・Visa) 北陸銀行 2〜3週間ほど
    北國Visaデビットカード 北國銀行 2〜3週間ほど
    ふくぎんVisaデビットカード 福井銀行 2週間ほど
    『しがぎん』Visaデビットカード 滋賀銀行 最短10日
    NCBデビット(JCB・Visa) 西日本シティ銀行 1〜2週間ほど
    池田泉州デビットカード(JCB・Visa) 池田泉州銀行 1〜2週間ほど
    京銀JCBデビット 京都銀行 2〜3週間ほど
    紀陽JCBデビットカード 紀陽銀行 1〜2週間ほど
    ひめぎんJCBデビットカード 愛媛銀行 2週間ほど
    ドリーミーデビットカード 中国銀行 店頭受付のみ
    Debit+(デビットプラス) 福岡銀行
    熊本銀行
    親和銀行
    1〜2週間ほど
    ワイエムデビットJCBカード 北九州銀行
    山口銀行
    もみじ銀行
    店頭受付のみ
    おきぎんJCBデビットカード 沖縄銀行 1週間〜10日ほど
    りゅうぎんVisaデビットカード 琉球銀行 1〜2週間ほど

    地方銀行のデビットカードには、ガソリンスタンドや高速料金の支払いができないなどの制限があるので、基本的にはネット銀行やメガバンクのデビットカードを発行するのがおすすめです。

    しかし口座を開設済みの地方銀行でデビットカードを発行すれば、新たに口座を発行する手間がなくなります。

    口座をひとつにまとめたい人や、これ以上口座を増やしたくない人には地方銀行のデビットカードが向いています。