法人クレジットカードの即日発行がしたい方へ、すぐ〜数日で発行できるカードの紹介

更新日:

法人クレジットカード 即日発行

「会社の急な出費でクレジットカードが必要になった!」
「即日で発行できる法人カードはありませんか?」

…など、これまで当サイトには法人カードに関するお問い合わせを数多く頂いています。

特に目立ったのが、「法人カードを即日発行したい」方からの問い合わせです。

法人カードが急遽必要になった場合、
どうすれば良いのか?どんなカードがおすすめか?緊急性に合わせたカードのご紹介をします!

法人カード(コーポレートカード・法人クレジットカード)をすぐに作る必要がある方の参考になれば幸いです。

すぐに支払う必要がある時は、アコムのキャッシングが早い!
法人カードを発行して、すぐに支払いをしたいだけなら、アコムのキャッシングで対応した方が早くて便利です。

というのも、はじめて利用する方の場合は30日間金利が0円
さらにクレジットカードを取りに行ったり、カードの到着を待つ必要もないです。

最短30分で審査の回答が来て、審査に通ればそのまま現金の借り入れができます。

「今すぐにでも支払う必要がある...」
「カードを取りに帰る時間もない…」

という方の場合は、アコムのキャッシングをおすすめします。



    2020年現在、法人カードは即日発行できない

    2020年3月時点では、即日発行に対応している法人カードはありません。

    法人カードは法人代表者や個人事業主用のクレジットカード。

    支払いの口座を一本化して会計や決算が楽になるだけでなく、法人カードならではの特典が受けられるなどメリットの多いカードです。

    しかし、個人向けのクレジットカードよりも発行に時間がかかります。

    今すぐ法人カードが必要な場合はどうすればいいの?


    法人カードが即日発行できないとはいえ、今すぐ法人で使えるクレジットカードが必要!
    とはいえ、今すぐ法人で使えるクレジットカードが必要!

    本当に今すぐクレジットカードが必要な方は、即日発行できる個人用のクレジットカードを代わりに発行しましょう。

    そもそも、法人の支払いは必ずしも法人カードである必要はありません。
    サービスにこだわらず、支払口座も個人名義の口座で良いならば、通常の個人カードを法人用として所持してもOKです。

    プライベート用のカードと混同すると決算の際に面倒なので、プライベートのクレジットカードと分けるようにしましょう。

    個人カードではなくどうしても法人カードを発行したい方は、最低でも1〜2週間ほどがかかってしまうと考えて申し込みましょう。

    本人確認書類などの郵送にどれだけ時間をかけるかでも変わってきますが、書類の郵送が遅れると発行までに1ヶ月ほどかかります。

    なるべく早く法人カードが欲しい方は、書類の郵送が滞らないように気をつけましょう。

    法人カード即日発行したい方向け最強ランキング


    ACマスターカード

    即日発行のクレジットカードといえばACマスターカード!
    即日発行のクレジットカードで最も知名度があり、全国で発行できます。
    とにかく今すぐにクレジットカードが欲しい方におすすめ。

    昼12時頃までに申し込めば、審査に問題がない限りほぼ確実に即日発行・受け取りが可能です。

    ショッピング枠も最大300万円までと法人カード並みに高く、キャッシング枠と合わせて最大800万円まで利用できます。

    これだけ限度額が幅広ければ、個人事業主やスモールビジネスの法人カードとして十分に機能します。

    キャッシング枠の付帯があるので、急遽お金を工面しなければならない時にも便利です。


    カード区分個人カード
    ブランド
    年会費無料
    発行日数即日発行
    ※郵送時は発行まで約1週間程度。

    JCBカードBiz

    JCBカードBiz 券面画像

    2020年2月にサービス開始となったJCBカードBizは、法人と個人事業主向けのクレジットカードです。
    JCBカードBizの魅力を2つ紹介します。

    @法人の本人確認書類の提出がいらない
    どちらかというと法人ではない個人事業主向けのカードなので提出する書類が少なく、その分審査にかかる時間や発行期間が短くなります。

    A支払口座に個人口座も登録できる
    今まで法人カードに設定できる支払口座は、法人口座・屋号付き口座だけで、個人口座を設定できないカードがほとんどでした。

    JCBカードBizは法人カードでありながら利用者ニーズに柔軟に対応してくれるので、どの立場の方も発行しやすいカードです。

    カード区分法人・個人事業主向けカード
    ブランドjcbロゴ
    年会費 一般:1,375円
    ゴールド:11,000円
    プラチナ:33,000円
    発行日数推定1〜2週間

    セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

    セゾンパールアメックスは、今回紹介するカードの中でも特殊なカードです。
    カード区分としては個人カードですが、支払口座に法人口座・屋号付き口座を設定できます。

    厳密には法人カードではないのですが、ほぼ法人カードと同じ使い方ができるクレジットカード。

    法人の本人確認書類の提出も必要ありません。

    個人カードなので法人向けのサービスはありませんが、個人カードではなく法人カードを即日発行したい方にとって、形式的にはセゾンパールアメックスが理想でしょう。

    1年に1回以上利用すれば年会費が無料になるので、アメックスカードの中で唯一実質年会費無料で利用できるカードでもあります。

    カード区分個人カード
    ブランド
    年会費初年度無料

    2年目以降1,000円(税抜)
    ※年に1回以上カード利用すれば翌年も無料
    発行日数即日発行

    エポスカード

    エポスカードは年会費無料で申し込めるクレジットカード。
    マルイなどにあるエポスカードセンターの店頭で即日発行が可能です。

    申込資格が「日本在住で18歳以上(高校生除く)」と、他のカードと比べてハードルが低めに設定されています。

    優待店舗が多く、急遽法人用に発行したあともポイントをためやすく、使い勝手がいいカードになるでしょう。

    比較的審査に通りやすいカードですが、受け取れる窓口が少ないので、近くにエポスカードセンターがある方におすすめです。

    カード区分個人カード
    ブランド
    年会費無料
    発行日数即日発行

    セゾンカードインターナショナル

    セゾンカードは、現在唯一ETCカードを即日発行できるクレジットカード。
    業務でどうしても今すぐETCカードが必要になった方におすすめです。

    ただし、法人用ETCカードではないので注意しましょう。

    区分は個人カードなので個人口座しか支払口座に設定できませんが、私用のクレジットカードと分けてしまえば問題ありません。

    セゾンカードもネットで申し込んで窓口での受け取りになります。

    ネットの申込時に「ETCカードを発行しない」を選択し、窓口でクレジットカードを受け取る際にETCカードを申請すれば、ETCカードを即日で発行できます。

    急な出張やETCカードの故障などに非常に役立つクレジットカードです。

    カード区分個人カード
    ブランド
    年会費無料
    発行日数即日発行

    JCB法人カード

    jcb法人カード

    JCB法人カードはJCBのプロパーカード。 即日発行はできませんが、使い勝手の良い法人カードです。

    年会費が比較的安く済みますが、補償やサービスが非常に充実しています。

    ポイント優待店舗の中に駐車場やAmazonなど、法人でもよく利用する店舗が含まれているので、業務上の経費でもポイントが貯めやすいです。

    とりあえず即日発行できる個人用カードで対応したあとに改めて法人カードを申し込みたい場合にもおすすめです。

    同じJCBプロパーカードであるJCBカードBizと非常に似ていますが、JCB法人カードは支払口座に個人口座の登録ができません。

    JCBカードBizとJCB法人カードの違いは、JCBオリジナルシリーズの記事で詳しく解説しています。

    カード区分法人カード
    ブランドjcbロゴ
    年会費 一般:1,375円
    ゴールド:11,000円
    プラチナ:33,000円
    発行日数最短4営業日

    ライフカードビジネスライト

    ライフカードビジネスライトは、決算書不要・本人確認書類のみで申し込みできる法人カード。
    法人カードの中ではビジネスカード区分なので、個人事業主や中小企業向けのカードです。

    最短4営業日で発行可能で、法人カードとしては一番早く発行できます。

    1週間程度猶予があり、代替の個人カードではなく法人カードがいい人はライフビジネスカードがおすすめです。

    カード区分法人カード
    ブランド
    年会費無料
    発行日数最短4営業日
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

    セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、JALマイルが貯まりやすいクレジットカード。
    出張で飛行機を使う機会が多い方は非常にお得です。

    法人カードですが支払口座に個人口座の登録ができるので、個人事業主でも使用可能です。

    追加カードを4枚まで発行でき、従業員にカードを持たせたい方におすすめ。
    追加カードは1枚につき、3,000円の年会費が必要です。

    プラチナカードですが年会費20,000円、さらに年間200万円の利用で半額になるので、200万円以上利用予定がある方に人気のカードです。
    ___________________

    年間200万円利用するには、1ヶ月に約17万円利用する必要があります。
    1ヶ月に経費17万円と考えると、クリアできそうな企業も多いのではないでしょうか?

    事務所の移転や人員増加などでパソコン・周辺機器20万円分を10台購入すれば、それだけで200万円の支払いになります。
    ___________________

    使い方次第で上手に200万円利用できる方も多いので、ぜひ検討してみてください。

    カード区分法人カード
    ブランド
    年会費20,000円(税抜)
    年に200万円以上ショッピング利用で、翌年の年会費10,000円(税抜)
    ※キャッシング、年会費の利用金額は除く。
    発行日数

    ※当サイトの発行実績は、約1週間程度。

    即日発行できるクレジットカードが少ない中、法人カードを即日発行したいとなると、現状では上記のカードがおすすめです。

    どのような用途で使いたいのか、目的別に発行するカードを検討してみてください。

    法人カードを即日発行したいとお問い合わせいただいた方のほとんどは『アコムのキャッシング』か『ACマスターカード』で対応されている場合が多いです。

    個人カードをどうしても避けたい方は、『JCBカードBiz』を選んでいる傾向にあります。

    法人カードが即日発行できない理由

    個人カードは即日発行できるものもあるのに、なぜ法人カードは即日発行できないのか、疑問に思う方も多いでしょう。

    個人カードと法人カードの申込方法に違いはほとんどありません。
    申込画面に従って必要事項を入力していくだけで、申し込みにかかる時間もほとんど変わらないです。

    法人カードの申し込みに時間がかかるのは、申込画面に入力をしたあとの過程が原因。

    法人カードが即日発行できない理由を解説します。

    法人カードは審査項目が多く、審査に時間がかかる


    即日発行可能な個人カードは、申し込みから審査完了まで30分かからないカードもあるほど、素早く審査されます。

    それに比べて法人カードの審査に時間がかかる理由は、その審査基準の違いにあります。

    個人カードの審査の基準は?
    個人カードはその人の収入・過去のクレヒスなど審査に必要な情報があくまで個人のみなので、迅速に審査を完了できるのです。

    法人カードの審査の基準は?
    法人カードは、申込者である法人代表者自身の情報だけでなく、対象の法人の審査も必要です。

    法人カードは審査項目が多いため、個人カードのような即日の審査が難しいです。

    また、法人カードとして利用する場合の多くは、利用限度額が個人カードより高くなります。

    数人分の出張費用、移動費用、事務所で使う家具や事務用品などの支払いを行う予定の方も多いでしょう。
    こういった多額の出費に対応するため、利用限度額が100万円以上に設定される例も少なくありません。


    そうなったとき、カード会社が懸念するのは貸し倒れのリスクです。

    法人カードの審査は申込者または法人に、高額な支払いを毎月行える支払い能力があるかを個人カードより厳しく審査します。

    審査項目が増え、さらに審査も慎重に行われるため、法人カードを即日発行するのは難しいです。

    法人の本人確認書類を郵送する必要がある


    法人カードが即日発行できないのには、発行方法に原因があります。
    クレジットカードを作る際に必要な本人確認書類。

    即日発行できる個人カードは基本的に店舗にカードを受け取りに行くため、受け取りの際に本人確認書類を提示し、本人確認完了となります。

    JCBオリジナルシリーズのように申込みの際にオンライン口座を設定すると本人確認の代わりとなり、書類の提出自体が必要ないカードもあります。

    法人カードの場合、本人確認書類だけでなく、法人の登記簿謄本または登記簿抄本の提出が必要です。
    しかし、この登記簿謄本を取得するのにも時間がかかります。

    登記簿謄本は『郵送で取得する』か『法務局に直接取りに行く』方法があります。

    登記簿謄本をオンラインで申請し郵送で取得する場合、なんと取得まで1ヶ月かかるのです!

    早く取得するには法務局へ行くしかないのですが、法務局は各都道府県の県庁所在地に1箇所(北海道のみ3箇所)しかありません。
    法務局が遠い地域に住んでいる人は、登記簿謄本を取得するために1日潰れてしまいます。

    法人カードの申込みフロー


    こうして時間をかけて取得した書類は基本的に郵送でクレジットカード会社に提出します。
    本人確認書類の取得、申し込み、書類の郵送、カード会社への到着、審査…と時間がかかってしまいます。

    個人カードと違い、受け取りできる店舗がないので、カード発行後も郵送での受け取りになります。 これもカードの受取までに時間がかかってしまう理由の一つです。


    もちろん人によって状況が違ってくるので、その都度自分に合ったものを選ぶに越したことはないでしょう。

    「とりあえず今すぐの支払いに対応したい」
    などであれば、焦ってカードを発行するより、アコムでキャッシングをした方が資金を効率的に回すことができます。

    会社の経費を個人カードから支払っていいの?


    会社の経費は、法人カードではなく個人カードで支払っても問題ありません。

    経理上の処理を行う際にクレジットカードの利用明細を使いますが、その明細さえあれば、カードの名義が個人か法人かは関係ないのです。

    その代わり、個人名義のクレジットカードであっても、会社の支払いにしか使わないカードを作りましょう。

    個人的な買い物と会社の買い物を同じカードで行うと、経理上の処理が非常に面倒になります。

    私用のカードと会社用のカードを分けてしまえば、個人カードを法人カードのように使ってしまっても大丈夫です。

    ただしカード会社によっては、個人カードで法人経費を支払うことを禁止している場合もあります。
    申し込み前に規約を読んで、法人経費に使用しても問題ないか確認しましょう。

    法人カードの即日発行に関するQ&A


    法人カードの即日発行について、他にもお問い合わせがあった内容もまとめて回答します。

    内容が他のページと重複しているものについては、該当ページへのリンクを載せておくので、そちらを参照してください。

    郵送で早く送ってもらえる法人カードはどれですか?

    郵送ならライフカードビジネスライトが一番早いです。
    最短4営業日で発行可能なので、どんなに遠くても1週間以内には大体の地域で手元に届くでしょう。

    公式サイトはこちら

    セゾンパールで法人カードを作るときの審査難易度は高い?低い?

    セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの審査基準などは、「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの審査について調べてみた」で解説しています。

    法人用のETCカードを即日発行したいのですが可能ですか?

    ETCカードの即日発行について解説しているページでも書いてありますが、法人用のETCカードを即日発行することはできません。

    ただし、すでにセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードを発行している場合であれば、ETCカードの即日発行ができます。

    法人用でなくてよければ、セゾンカードインターナショナルならクレジットカードと一緒にETCカードを即日発行できます。