JCBカードWの評判と特徴やメリット・デメリットを解説

2017年10月にJCBオリジナルシリーズから、「JCBカード W」が登場してもうすぐ2年が経ちます。

JCBカードWは当初から、他のJCBオリジナルシリーズと比べるとポイントが貯まりやすく、お得に使えるカードと評判でした。

登場してから約2年が経ち、実際はどのくらいメリットがあり、逆にデメリットはどういうところなのか?

クレジットカード即日発行ガイドでは、JCBカードWの特徴を調べ、実際どんな人がお得に使えるのかを検証してみました。

※2019年7月〜新規入会限定のポイントが10倍もらえるキャンペーン中!
JCBカードを作りたい方は今がチャンスです。



    JCBカードWの評判はセブンイレブン利用者を中心に高評価

    JCBカードWはポイント還元率の高さが人気で、カード利用者もポイント還元率に魅力を感じて発行している人が多い印象。

    特にセブンイレブンを利用する人からの支持率が高く、1,000円以下の決済を積み重ねてもポイントが貯まるメリットが好評です。

    ただ、JCBカードWの券面デザインがダサい、安っぽいなどデメリットと感じる人もいました。

    さらに海外旅行保険など、付帯保険についても他のカードより劣る部分もデメリットに感じる人はいます。

    しかし、これらのデメリットをカバーできるほどのポイント還元率なので、JCBカードWの見た目が気にならない人や、海外旅行で利用するつもりが無い人には、問題ない事でしょう。


    JCBカードWは普段使いして、ポイントをガンガン貯めたい人におすすめの1枚と言えます!


    JCBカードWの特徴、年会費や保険の内容をおさらい

    JCBカードWの特徴というと、ポイント還元率が一番に目立ちますが、他にもJCBカードWならではの特徴があるので、まとめてご紹介いたします。


    JCB プレモカード Oki Doki チャージでポイント2倍の高還元率!

    JCBカードWはポイント交換の際に、JCB プレモカードのOki Doki チャージを選ぶことで、ポイント還元率が1.0%になります。

    さらに、JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗の、スターバックスやamazon、セブンイレブン、昭和シェル石油などのガソリンスタンドで利用すると、ポイントを貯める効率が上がり、ポイント還元率はもっと上がっていきます。

    JCBカードWで効率良くポイントを貯める方法については↓の記事をご覧ください。



    JCBカードWなら追加カードも年会費無料

    JCBカードWはメインカードの年会費無料だけでなく、追加カードのETCカード・家族カードも年会費がずっと無料のまま使用できます。

    初年度だけ年会費無料のクレジットカードは結構ありますが、ポイント還元率が2倍で年会費をずっと無料にしているカードは、JCBカードWくらいです。


    JCBカードWの申し込みはWEB限定、年齢制限あり

    JCBカードWは誰でも申し込みできるカードではなく、申し込みには2つの条件をクリアする必要があります。

    年齢制限:18歳以上39歳以下
    JCBカードWは18歳以上から39歳以下の人しか申し込みができません。

    ですが、40歳の誕生日を迎える前に、JCBカードWへ申し込みカードの発行ができていれば、40歳以上でもカードの利用は可能です。
    家族カードを発行する時、発行対象の家族が40歳以上でも、カードの発行は可能です。

    カード発行の申し込みはWEB限定
    ネット申し込みの際、カードの支払い口座を設定する必要があるので、事前にネットバンキング契約カード、キャッシュカード、預金通帳など、口座設定が可能なものを準備しておきましょう。

    JCBカードでオンライン口座設定対応銀行
    三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、イオン銀行、その他各種地方銀行。


    JCBカードWの付帯保険

    JCBカードWには、海外旅行傷害保険と海外ショッピング保険が付帯しており、海外旅行保険の付帯額は最高2000万円で、利用付帯のみで補償対象旅行期間は3ヶ月となっています。


    JCBカードW海外旅行保険の内容
    死亡後障害(傷害) 最高2000万円
    治療費用(傷害) 1回の事故につき最高100万円
    治療(疾病) 1回の病気につき最高100万円)
    賠償責任 1回の事故につき最高2000万円
    携行品損害 1旅行中20万円
    救援者費用等 最高100万円

    JCBカードWのショッピングガード保険は、海外旅行時に最高100万円が付帯し、補償対象は購入日から90日以内、自己負担額は10,000円です。


    JCBカードWはApplePay、GooglePay対応済み

    JCBカードWをIPhoneやApple Watch、androidスマホに設定しておけば、全国の電車やバス、コンビニなどで簡単に決済できます。

    さらにJCBカードWはApple Pay、GooglePayに登録するだけで、QUICPayとして割り当てられて、全国のQUICPay加盟店で買い物ができ、Oki Dokiポイントも貯まっていきます。


    JCBカードW 4つのデメリット

    JCBカードWは還元率が1.0%、年会費無料で39歳以下であればお得に使えるクレジットカードですが、それによるデメリットもあります。

    • 40歳以上はJCBカードWを作ることができない
    • JCBカードWの利用明細はWEB明細のみ
    • JCBカードWの付帯保険は補償が弱い
    • JCB STAR MEMBERS対象外

    40歳以上はJCBカードW発行不可

    JCBカードWの最大のデメリットは、39歳以下でないと申し込みができない事でしょう。
    どんなにJCBカードWに魅力を感じていても、40歳以上の人はJCBカードWをメインカードとして持つ事は出来ないのです。

    JCBカードWの明細はWEBだけ

    JCBカードWは、利用明細が書面で発行されずWeb明細のみとなります。

    Webの方が早く利用内容を確認できるという人には便利なシステムですが、JCB発行のクレジットカードで、書面の明細を希望するなら、JCBオリジナルシリーズがおすすめです。

    付帯保険の補償が弱いJCBカードW

    JCBカードWは海外旅行傷害保険に対応していますが、利用付帯となっており、国内旅行はそもそも対応していません。

    国内旅行が多い方でトラブルが心配な人は、JCBカードW以外に自分で保険に加入するしかないです。

    JCBカードWはJCB STAR MEMBERS対象外

    JCBカードの魅力の1つ、JCB STAR MEMBERS(年間の利用金額に応じてポイント付与率が変化したり、キャンペーンの抽選口数が増えるという特典)が残念ながらJCBカードWは対象外です。

    ポイントが貯まりやすいカードなだけに、JCBカードWも対象だと嬉しいのですが、そうはいきませんね。


    JCBカードWはどんな人におすすめ?

    JCBカードWは、年会費無料で申し込み資格が18歳以上という条件から、クレジットカードを初めて作りたいと考えている人に最適のカードです。

    39歳以下や保険面が弱いといったデメリットもありますが、ポイント面では他のJCBカードよりも、お得に貯まりやすいので、ポイント重視でクレジットカードを探している人におすすめです。


    JCBカードWの知っておきたいQ&A

    最後にJCBカードWについて問い合わせが多い質問をQ&A形式でまとめてみました。

    JCBカードWの審査は甘いの?
    甘いわけではありません!
    JCBカードWは審査が甘いという情報をネットなどでよく見かけますが、申し込み条件である18歳以上の人であれば誰でも審査が通っている訳でもありません。

    JCBカードWの詳しい審査内容は「JCBカードWの審査で知っておきたい3つの事」をチェックしてください!
    JCBカードWは即日発行可能?
    即日発行ではありません。
    JCBカードWはWEB入会で公式サイトからすぐ申し込み可能ですが、即日発行には対応していません。

    審査結果が10分以内にメールで届いたという情報はありますが、通常JCBカードWが手元に届くまでは最短3営業日、審査に時間がかかると10日以上かかるようです。

    JCBカードWは学生でも申し込める?
    申し込み可能です。
    高校生を除く18歳以上39歳以下の人でもアルバイトなど安定した収入があれば、大学生や専門学生、短大生といった学生の人でも問題なくJCBカードWに申込む事は可能です。

    JCBカードWを検討中の学生の方は「JCBカードWは学生でもお得使えるか検証してみた!」をご覧ください。
    JCBカードWとJCB一般カードどっちがお得?
    ポイント面では「JCBカードW」がお得です!
    JCBカードWとJCB一般カード、少しでもお得に使いたい39歳以下の人であればJCBカードWがおすすめです。

    申込資格 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方
    年会費 無料
    家族カード年会費 無料
    ポイント還元率 1.0%(1,000円利用につき2ポイント)
    JCB STAR MEMBERS -
    海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
    国内旅行傷害保険 -
    海外ショッピング保険険 最高100万円

    申込資格 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方
    年会費 初年度無料 2年目以降1,250円(税抜)
    家族カード年会費 400円(税抜)
    ETCカード年会費 無料
    ポイント還元率 0.5%(1,000円利用につき1ポイント)
    JCB STAR MEMBERS
    海外旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯)
    国内旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯)
    海外ショッピング保険険 最高100万円

    カードの年間利用額に応じて翌年のポイントがアップするJCB一般カードも魅力的ですが、いつでもポイント2倍のJCBカードWの方がポイント面では圧倒的にお得と言えます。
    JCBカードWとJCBカードW plus Lの違いは?

    JCBカードW plus Lは女向けのJCBカードです。

    JCBカードWとJCBカードW plus Lの違いは
    • カードのデザイン
    • LINDAリーグ、お守リンダが付帯するかどうか
    この2つで、それ以外は全てJCBカードWと同じサービス内容となっています。
    LINDAリーグとは、女性向けのコスメ、ファッション、グルメ、エンタメに関するお得情報を提供するサイト。

    お守リンダとは、女性向けの保険を選んだ加入できるサービスです。
    女性であれば、JCBカードW plus Lに申し込んだ方がお得です。男性はどちらでも大丈夫ですが、女性向けの特典は使えないので、特別な理由がなければJCBカードWがおすすめです。