JCB CARD WでETCを作るメリットはある

自動車を使う方にとってETCカードは必需品。

ETCカードを追加発行できるクレジットカードは沢山ありますが、JCBオリジナルシリーズである「JCB CARD W」もETCカードを発行することは可能です。

JCB CARD Wはガソリンスタンド系のクレジットカードではないので特にメリットはなさそう。と思われている方も多いようなので、JCB CARD WでETCカードを発行するメリットを探してみました。

JCB CARD WのETCは年会費も発行手数料も無料

ETCカードで1番に重視したいのは年会費です。

年会費が発生したり、条件付きで年会費無料のETCカードが存在する中、JCB CARD WのETCカードは年会費無料で発行できます。

また、ETCカードの年会費は無料でも、発行費用や更新手数料が別途かかるというケースもあります。

しかし、JCB CARD Wであれば発行費用も更新手数料もかかりません。

JCB CARD WでETCカードを作っても無駄なコストを支払い続けることは一切ないので安心です。

JCB CARD WのETC利用でポイントもきちんと貯まる

通常のポイント還元率が1.0%で、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」の提携店舗であるイトーヨーカドーやセブンイレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%とポイントが貯まりやすいのが魅力のJCB CARD W。

もちろんJCB CARD WのETCカードでの利用分のOki Dokiポイントも貯まっていきます。

仕事などで毎日、高速道路を利用する方であればポイントもザクザク貯まっていきますよね。

JCB CARD Wの魅力であるポイントについては「JCB CARD Wはポイント重視で選んで間違いはない!」で詳しく紹介しています!

JCB CARD WでETCを申し込む人はこんなところでポイントが貯まりやすい

自動車を利用していて必要なのは「ETCカード」ともう1つ重要となるのが「ガソリン」ですよね。

そこでJCB ORIGINAL SERIESと提携している店舗を「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」に、
  • 昭和シェル石油
  • エッソ・モービル・ゼネラル
  • エネオス
3つのガソリンスタンドがあります。

この3つのガソリンスタンドで給油すればお得にポイントが貯まるだけではなく値引きできます。

昭和シェル石油 ポイント還元率1.5%
エッソ・モービル・ゼネラル ポイント還元率1.5%+割引有
エネオス ポイント1.0%+割引あり

昭和シェル石油は、JCB ORIGINAL SERIES提携店舗なので、JCB CARD Wは優遇されます。

エッソモービルゼネラルもJCB ORIGINAL SERIES提携店なので同様にJCB CARD Wは優遇され還元率1.5%だけではなく、スピードパスプラス払いだと、ガソリン価格が会員価格になったり、メール登録した1店舗は更にガソリン価格の割引サービスがうけられます。

スピードパスプラスとは、エッソのガソリンスタンド「エクスプレス」が発行するQUICPayとnanacoが付いたキーホルダー型の電子マネー。普通のQUICPayと同様、コンビニやマクドナルドなどでも普通にQUICPay払いとして使用可能です。

エネオスでの、JCB CARD Wは還元率1%ですが、ポイントカードとしてTカードが使え、Tカード分の還元率0.5%をプラスできるのです。

なので、JCB CARD Wであれば通常の還元率1.0%とTカードの還元率0.5%(2倍の日なら1%)、Tカード会員価格でエネオスを利用できます。Tポイントが貯まるのは嬉しいですよね!

自動車を利用する方にとってETCカードも重要アイテムとなりますが、ガソリンも必要不可欠なものになるのでチェックしておきたいですよね。


JCB CARD WのETCで受けられる付帯サービスは自動車向け?

自動車向けの付帯サービスがあると安心ですよね。
例えば、
  • シートベルト傷害保険
  • シートベルトをつけた状態で事故にあった場合に対応してくれる。
  • ・ロードサービス
  • 車の故障、パンク時のスペアタイヤ交換、ガス欠時のガソリン補給など。
  • ・高速料金割引
自動車を使用するドライバーの方には嬉しいサービスですが、残念ながらJCB CARD Wはそのようなサービスはありません。

JCB CARD Wに付帯する保険は、
  • ・海外旅行傷害保険
  • 最高2,000万円、条件は利用付帯。
  • ・ショッピングガード保険
  • 海外のみ対象で最高100万円
この2つとなります。

残念に思う方もいると思いますが、そもそもJCB CARD Wはガソリン系のクレジットカードや高速道路会社が発行してるクレジットカードではないので、自動車関連のサービスはありません。

しかし、JCB CARD Wは年会費が無料にもかかわらず、2つの保険が付帯するのでお得と思ってよいでしょう!

JCB CARD WのETCは入会時に申し込んでしまおう

JCB CARD WでETCカードを申し込む方法は大きく2つ、
  • JCB CARD W入会時に一緒に申し込む
  • JCB CARD Wが発行された後に申し込む
すでにJCB CARD Wを持っている方であれば、インターネット申し込みで約1週間、電話申し込みで約2週間でETCを発行できます。

JCB CARD Wをこれから申し込もうと考えている方であれば一緒に申し込んでしまう方がおすすめです。

JCB CARD WのETCカードは、年会費も発行費用も一切かからず、ポイントも貯まっていくので、持っていて損はありませんよ。

JCB CARD Wを申し込みに関する審査については「JCB CARD Wの審査で知っておきたい3つの事」をご覧ください!