JCB CARD Wは学生でもお得使えるか検証してみた!

クレジットカードを持って、今以上に学生生活を楽しみたいと思っている方も多いと思います。

学生・若者向けに発行されているクレジットカードの種類は沢山ありますよね。

その中でも学生に人気があるのが、JCBオリジナルシリーズの1つ「JCB CARD W」

JCB CARD Wは、WEB限定入会で、申し込み資格に年齢制限(18歳以上39歳以下)、ポイント還元率が高いのが特徴です。

しかし、学生が使ってもお得に使えるかと疑問の声も多くあります。

そこで、JCB CARD Wが学生向けクレジットカードとして本当に優れているのかを検証していきたいと思います。

JCB CARD Wが学生専用クレジットカードよりおすすめな理由

JCB CARD Wがお得に使えるのかを、学生目線で検証すると、
  • 卒業してもずっと年会費無料
  • 学生が良く使う店舗でポイントが貯まりやすい
  • 海外旅行傷害保険付帯あり
この3つが、JCB CARD Wが学生でもお得に使える大きなメリットで、年々学生の利用者が増えていることが分かりました。

JCB CARD Wは学生を卒業しても年会費無料

学生専用のクレジットカードであれば「年会費無料」は当たり前と思っている方も多いようですが、それは少し違いです。ほとんどの学生専用のクレジットカードは、在学中のみ年会費無料となっています。

例えば、
三井住友Visaクラシックカード MUFGカード・イニシャルカード(学生用) ANA JCBカード(学生用)

年会費1,250円

(在学中無料)

年会費1,250円

(在学中無料)

年会費1,250円

(在学中無料)


学校を卒業したら退会し、また新しいクレジットカードを作ろうと考えていても、新生活でバタバタしているうちに退会手続きを忘れ、結局年会費を引き落とされてしまっていたという方も多いようです。

そんな失敗が無いのがJCB CARD W。

学生専用のクレジットカードではないので卒業して社会人になってもずっと年会費完全無料!

JCB CARD Wは、余計なコストをかけずに持てるクレジットカードなのです。

JCB CARD Wは学生でもポイントは貯まる

ポイント還元率が高いのがJCB CARD W最大の魅力。

もちろん、学生の方でもJCBのポイントプログラム「Oki Dokiポイント」はきちんと貯まっていきます。

JCB CARD W公式サイトを見ても分かるように、JCB一般カードが通常1,000円で1ポイントに対し、JCB CARD Wは1,000円で2ポイントなので、年会費無料のクレジットカードとしては最高レベルと言えるでしょう。

それだけではなく、JCBが発行しているクレジットカードの会員向け優待サービス「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」の契約店舗には、学生の方がよく利用する店舗も多く、ポイントをお得に貯められます!

例えば下の表を見ると、

店舗名

ポイント還元率

セブンイレブン

1.5%

スターバックス

2.5%

アマゾン

2.0%

イトーヨーカドー

1.5%

Right-on

1.5%

THE BODY SHOP

3.0%

ローチケHMV

5.0%

オリックスレンタカー

3.0%

ヒューマンアカデミー

5.0%


他にも様々な店舗がありますが、特にnanacoポイントを貯めているセブンユーザー、スターバックスをよく利用する学生の方であれば、ポイントアップが狙えます。

ちなみにアマゾンでネットショッピングする場合であれば、JCBのポイント優待サイトで「Oki Dokiランド」を経由の方がお得です。

JCB CARD Wのポイントの仕組みはこちらをご覧ください!
「JCB CARD Wはポイント重視で選んで間違いはない!」

JCBならではの入会時のボーナスポイントもあるのでポイント重視でクレジットカードを選びたい学生の方であれば、入会キャンペーンをチェックしておくのがおすすめです!


JCB CARD Wは海外旅行の予定がある学生にも安心

クレジットカードを選ぶポイントの1つとして「旅行傷害保険」が付いているか、いないかは重要です。

特に海外旅行をしたいと思っている学生の方であれば、海外旅行傷害保険が付いているものを選びたいはずです。JCB CARD W付帯保険には、最高2,000万円まで補償してもらえる「海外旅行傷害保険」が付帯されます。

JCB CARD Wの場合、国内旅行保険は付帯されておらず海外旅行のみで、海外旅行のツアー料金や飛行機料金の支払いに使った場合のみの利用付帯となるので要注意です!

また、JCB CARD Wは海外利用のみに限られますが100万円(自己負担10,000円/1事故)の大型補償のショッピングガード保険も付帯されています。

年会費が完全無料で、海外旅行傷害保険とショッピングカード保険が付帯するのは大きなメリットといえますね。

学生であればJCB CARD Wの審査に通りやすいは本当なのか

クレジットカードを申し込むとなると、心配なのが審査。

特に、初めてクレジットカードに申し込む学生の方であれば、絶対に審査に落ちたくないと強く思っているはずです。

しかし、JCB CARD Wの入会資格は高校生を除く18歳以上39歳以下、若い世代を対象としたクレジットカードであると考えると審査基準はそこまで厳しくないでしょう。

収入が少ない学生だからといって、審査に落ちるというわけではないので、安心して申し込んで大丈夫です。

学生の方が、JCB CARD Wを申し込む際の注意点は、
  • 親権者の同意
  • ショッピング枠、キャッシング枠
この2つはきちんと記入して申し込まないと、審査に落ちてしまう可能性があるので注意が必要です!

JCB CARD Wのに申し込み審査を受ける前の準備として、対象金融機関の普通預金口座を保有し、インターネットで支払い口座を設定する必要があります。大手だったりほとんどの金融機関があるので問題ないと思いますが、使ってる口座が対象金融機関でないならば銀行口座を作成してからJCB CARD Wの申し込みましょう!


JCB CARD Wに申し込む未成年の学生は親権者の同意は絶対必要

18歳以上であっても、未成年者の場合「親権者の同意」は絶対に必要です。

これは、JCB CARD Wの審査だけではなく、全てのクレジットカード審査にいえることです。

理由は、親権者の方に連絡を行い、クレジットカードを申し込むのに異議は無いかの確認を取る為です。親に内緒でクレジットカードを作ろうと思っても、18歳以上はクレジットカードを親に内緒で作ることはできません!

ネットなどの情報で、親権者の成りすまし、兄弟や友人に頼む方法もあるとありますが、それは絶対に止めましょう。バレると、騙そうとしたクレジットカード会社では今後絶対に審査に通ることはできません。

JCB CARD Wに申し込む学生はショッピング枠、キャッシング枠に要注意

JCB CARD Wのショッピング利用限度額は10万円〜30万円です。

光熱費などの支払いにJCB CARD Wを利用したいと思っている学生の方も多いので、10万円だと少なくて不安という声もありますが、ここは審査通過を第1に考え10万円で設定しておくのが無難です。

使っているうちに利用限度額を引き上げたくなったら、増額申込も可能なので、まずは審査に通ることを優先し申し込みましょう。

またJCB CARD Wは、安定した収入があればキャッシング利用ができるようになっています。

しかし、キャッシングをするには利用枠の設定が必要。できる限り、キャッシング利用枠の設定はしない方か審査通過はスムーズです。

JCB CARD Wの詳しい審査については「JCB CARD Wの審査で知っておきたい3つの事」をご覧ください!

JCB CARD Wは学生専用クレジットカードよりお得に使える

学生専用クレジットカードは、在学中年会費無料などの「学生だけの特典」があるのが特徴です。

しかし、それは在学中だけであって卒業するとその特典は失われてしまいます。

そう考えると、卒業しても年会費無料でポイントが貯まりやすいJCB CARD Wを申し込んだ方が長い目で見てお得に使えそうです。

また、JCB CARD Wは学生であったとしても審査も厳しいといわけではなさそうなので、アルバイトなど、ある程度安定した収入があれば申し込む価値があるクレジットカードだと言えるでしょう。

卒業してもJCB CARD Wを長く使い続けていくと、JCBゴールドカードやそのさらに上のJCBゴールドプレミア、JCBプラチナカード、そして最上位のブラックカード、JCBザ・クラスへのインビテーション(招待)が届き、ランクアップできる未来があるクレジットカードなのです。


女学生ならJCB CARD W plus Lがおすすめ!

女学生であれば、JCB CARD Wとサービス内容に女性向けに手厚い付帯サービスが追加された、ピンクでかわいいデザインのJCB CARD W plus Lがおすすめです。

女性向けの付帯サービスとは、
  • LINDAリーグ
  • LINDA MAIL
  • cinema LINDA
  • お守リンダ
  • 女性疾病保険
JCB CARD W plus L会員であれば、女性嬉しい付帯サービスとなっています。JCB CARD W plus Lは女性向けのJCBカードなので、女性の学生であれば1度検討してみて下さいね。