JCB CARD Wはポイント重視で選んで間違いはない!

JCB CARD Wはポイントがお得に貯まる、という情報はネットなどを見るとわかります。

でも実際、どのようにポイントが貯まり、どんな人におすすめのポイントなのか、いまいちよくわかりませんよね。

今回は、JCB CARD Wのポイントについて焦点をあて、JCB CARD Wのポイントの魅力についてお話していこうと思います!

JCB CARD Wの1番の魅力は高いポイント還元率にある!

JCB CARD Wを使って買い物をすると1,000円(税込)につきポイントが2ポイント貯まります。

1ポイントの価値は5円なので、JCB CARD Wの還元率は1.0%です。

ポイント還元率1.0%と言ってもピンと来ませんよね。

還元率の差が年間どのくらい影響するのかを通常のJCBカードを例にわかりやすく説明していきましょう。

年間利用額 50万円の場合

通常のJCBカード

JCB CARD W

100万円 × 0.05 = 5,000円

100万円 × 1.0 = 10,000円


年間利用額 100万円の場合

通常のJCBカード

JCB CARD W

50万円 × 0.05 = 2,500円

50万円 × 1.10 = 5,000円


表からわかるようにJCB CARD Wは、通常のJCBカードの2倍ポイントが貯まり、JCB CARD Wは、通常のJCBカードよりポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいクレジットカードなのです。

JCB CARD Wのポイントを貯める為に知っておくべきは2つある!

JCB CARD Wでポイントを貯める為に知っておくべきは2つのプログラム、
  • ポイントプログラム「OkiDokiランド」
  • 「JCB STAR MEMBERS(JCBスターメンバーズ)」
この2つをきちんと理解しておくのと、しておかないではポイントの貯まり方は全然違います。

JCBカードの「OkiDokiポイント」の仕組みと有効期限

「OkiDokiポイント」とは、JCB CARD W含め、JCBカードが展開しているポイントプログラムです。

Oki Dokiポイントは、カード利用1,000円につき1ポイントが貯まり、様々な商品やサービスへ交換できます。

毎月の利用金額の合計からポイントが給付される仕組みなので、1,000円未満のお買い物でも合算すれば端数が無駄にはなりません。

OkiDokiポイントの有効期限は、一般会員は2年間、ゴールド会員は3年間、プラチナ会員は5年間となっており、JCB CARD Wは一般カードなので有効期限は「2年間」となっています。


JCB CARD WはJCBスターメンバーズ対象外

JCBカードには、年間のカード利用金額に応じ、Oki Dokiポイントが大幅にアップしていく「JCB STAR MEMBERS(JCBスターメンバーズ)」というプログラムがあります。

JCBスターメンバーズのサービスを調べると、JCBカードを持っている会員であれば、誰でも自動的に適用されるお得なポイント優待!と紹介しているサイトも多いのですがこれは間違い。

残念ながら、JCB CARD Wは適用対象外となります。

公式サイトにも記載されているのですが、見落としてしまっている方も多いようなので注意が必要です。

JCB CARD Wでお得にポイントが貯まっていく人は?

ズバリ、JCB CARD Wでポイントがザクザク貯まっていくのは、

  • JCB ORIGINAL SERIESパートナー
  • JCBが発行しているJCBプロパーカードの「JCBオリジナルシリーズ」を利用している会員向けの優待サービスです。JCB ORIGINAL SERIESパートナーの提携店舗で買い物をすると、通常ポイントとは別にボーナスポイントがもらえる仕組みです。
  • OkiDokiランド
  • JCBが運営しているポイント優待サイトで、JCBカードで貯まるポイント(OkiDokiポイント)が、最大20倍になる優待サイトです。

この2つを上手く活用できる人です。

中でも、ネットショッピングを多く利用している方、スターバックス、セブンイレブンをよく利用するという方は特にポイントがお得に貯まっていきます。

Amazom「2.0%」スタバ「2.5%」の高還元率!

Amazonでの買い物は、Oki Dokiランド経由でポイント還元率が合計でポイント還元率2.0%となります。

OkiDokiランドはAmazonの他にも楽天やZOZOTOWN、ヤフーショッピングなどが対象となります。

Amazon公式のクレジットカードである「Amazon MasterCardクラシック」のポイント還元率もJCB CARD Wと同じく2.0%。

ですが、「Amazon MasterCardクラシック」は年会費が発生してしまうので、JCB CARD Wのがお得と言えるでしょう!

そして、スターバックスでは、なんとポイント還元率2.5%の5倍!(1,000円以上というのが条件)

普段の利用はもちろん、スタバ愛用者であれば1枚は持っているプリペイドカード「スターバックスカード」への入金も対象となります!

nanacoを使うセブンユーザーに必見!

QuicPayという機能を使い、nanacoカードのQuicPayにJCB CARD Wを連携させると、nanacoポイントが0.5%分プラスで貯まります。

JCB CARD Wのポイント還元率2.0%と合わせると2.5%!

このポイント還元率は、セブンイレブンでお得に使えるという「セブンカードプラス」のポイント還元率1.5%を遥かに上回る驚きの数字なのです。

しかし、その一方でOkiDokiポイントは、nanacoポイントに交換するよりも若干レートは低くなってしまうからお得ではない!

という声も多いのですが、

  • Tポイント(ファミリーマート)
  • dポイント(ローソン)

と交換が可能なので、実はセブンだけではなく、色々なコンビニを利用する方にもお得に使えるのです。

そう考えると、JCB CARD Wはポイントの使い道が限定されてないのも魅力の1つ言えますね。

JCB CARD Wでポイントがお得に貯まるかは使い道次第!

JCB CARD Wで、効率よくポイントを貯めるには、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」「OkiDokiランド」を上手に活用するのがポイントです。

JCB CARD Wは常にポイント還元率が1.0%なので、毎月の電気代や水道代、ガス代などの光熱費、携帯電話などの引き落としをなどの支払いを全てJCB CARD Wにしてしまうというのも1つの手です。


クレジットカード選びで、ポイント還元率だけにこだわり過ぎてしまうのもよくありませんが、ポイント還元率はクレジットカード選びの最大のポイントであることは間違いありません。

自分有効活用できそうな高還元率のクレジットカードをきちんと選んでいきましょう!

JCB CARD WはETCカード利用でもポイントは貯まっていきます!ETCカードも一緒に検討されている方は「JCB CARD WでETCを作るメリットはある」も是非ご覧ください。