即日で今すぐお金を借りる方法とお金を借りたい時の手段

「光熱費や生活費の支払いが迫っている」
「今すぐ欲しいものがある」
「トラブルに巻き込まれた」


こんな理由から今すぐお金を借りたいと悩んでいる方へ、即日にお金を借りる手段をご紹介します。
お金を借りる方法は意外とたくさんありますが、『即日』お金を借りる方法はかなり限られます。

当サイトでは今すぐお金が必要な人のために、即日で借りられる方法を優先して掲載しています。

また正規のルートで、即日お金を借りるには審査が必要です。
審査の時間もあるので、いち早くお金を借りたい人は早め早めの行動を心がけてください。


今すぐお金を借りたい人必見!即日で借りるならキャッシング

即日お金を借りるなら一番手っ取り早いのはキャッシングです。
即日対応のキャッシングを利用すれば、最も早くて1時間で現金を手に入れることができます。


とはいえ初めて利用する場合、なんとなくハードルが高いと感じるのではないでしょうか。

当サイトでは、大手企業が運営していて、お金を借りたい人みんなが利用している安全なキャッシングのみをご紹介していきます。

申し込みの時間によっては即日融資を受けられないこともあるので、早速当サイトおすすめのキャッシングを見ていきましょう!


即日お金を借りられる!最速1時間で借りられるプロミス

プロミスのバナー画像

融資時間 最速1時間
審査時間 最速30分
金利 4.5〜17.8%
振込 24時間OK
融資額 1〜500万円
無利息期間 30日間

即日その場でお金を借りるなら、最も早くて1時間で借りられるプロミスがおすすめ。


業界内でもプロミスは審査スピードが特に早いと言われています。


今すぐお金を借りられるかどうかは審査時間の早さにかかっていると言っても過言ではありません。


プロミスは公式サイトでも審査時間が最速で30分とうたっていますし、実際の利用者からも評判の良い機関です。


また、融資額が500万円までと他に比べて安いことから、金利も他より安く設定されています。


プロミスはアプリローンが便利

その他、プロミスは「アプリローン」という独自のサービスを開始しています。
全国のセブン銀行ATMで取引できるため、スマホが一台あれば、カードレスでその場での入金・出金も可能です。


またアプリローンを使えば申し込みがWEBで完結するので、来店などの面倒な手続きがなく、郵送物が自宅に届くこともありません。
今すぐお金を借りたい人は、とりあえずプロミスを選んでおけば間違いないです。


今すぐお金を借りたい女性に嬉しい!プロミスのレディースキャッシング

プロミスレディースキャッシングのバナー画像

女性で今すぐお金を借りたいと考えている人にもプロミスがおすすめです。
プロミスは女性向けに「レディースキャッシング」というサービスを設けています。


お金を借りるまでの時間や、限度額等は変わりませんが、大きな違いは女性オペレーターが応対してくれるということ。
今すぐお金が必要となると心理的にも不安になってしまうので、電話口で女性が対応してくれるのはなんとなく安心できますよね。


プロミスがレディースキャッシングのサービスを大々的に紹介しているのは、女性の利用者も多いからなのではないかと推測できます。
先に述べたようにアプリローンで面倒な手続きがないことや、郵送物でバレる心配がないことから、女性にも愛用されているキャッシングといえるかもしれません。


審査30分でお金を即日借りられる!急ぎならアコム

アコムキャッシングのバナー画像

融資時間 最速1時間
審査時間 最速30分
金利 3.0〜18.0%
振込 24時間OK
融資額 1〜800万円
無利息期間 最大30日間

同じく最速1時間で即日お金を借りられるアコム。
三菱UFJフィナンシャルグループ傘下で安心感があることから、今ある消費者金融の中でも一番利用者が多いというデータもあります。


アコムは審査時間が早いだけでなく、審査に通る割合も高いと言われています。
規定を満たしていればどこの消費者金融でも審査結果に変わりはありませんが、審査の面で少しでも不安なことがある方にはアコムがおすすめ。


また自動契約機のむじんくんの設置数が多いのも特徴で、全国に設置されているので、営業時間内であればいつでも引き出しが可能です。


アコムはカードレス決済を行っていないため、申込後は自動契約機にてカード発行が必要となります。


電話なしで即日お金を借りるならSMBCモビット

SMBCモビットのバナー画像

融資時間 即日
審査時間 最速30分
金利 3.0〜18.0%
振込 24時間OK
融資額 800万円以下
無利息期間 なし

お金を借りるときは即日であっても、電話連絡(在籍確認)があります。
在籍確認の電話は職場宛にかかってくるため、会社にバレたら困るという方も多いはず。


そんなときに電話連絡なしでお金を借りられるのがSMBCモビットです。
SMBCモビットではWEBで申し込みを完結させると、職場への電話なしで今すぐお金を借りることができます。


また、SMBCモビットにはTポイントを貯めたり、使ったりできるカードもあるので、継続してお金を借りる予定がある人でTポイントの提携店をよく使う人は持っていると便利かもしれません。


他の機関と違い、無利息期間がないところがデメリットではありますが、誰にもバレずにお金を借りたいという人におすすめです。


確実に即日お金を借りる方法とコツは?


即日お金を借りるとき、確実にその日中に受け取りたいと思ったら、しっかりと漏れのないように申込みをしなければなりません。


お金を、確実になるべく早く借りるための方法とコツをご紹介します。
即日お金を借りるための基本の流れはこちら。

インターネット(WEB)で申し込み

一番最初の申し込みはどの金融機関もWEBでの申し込みが一番早いです。
自動契約機や店頭で申し込む方法もありますが、審査の時間中はどのみち待たなくてはいけないですし、営業時間が限られる店舗もあるので、ネットでいち早く申し込んでしまう方が確実でしょう。


ネットであれば24時間365日受付なので、その場で申し込みができます。


即日お金を借りるコツ

ネット申し込み後、コールセンターに電話をして急いでいる旨を伝えることで、優先して審査をしてもらえる可能性があります。


最初から電話で申し込むと口頭で情報を伝えなければいけない手間が発生するので、必ずネットで申し込んでから電話をかけるようにしましょう。


審査

申し込み完了後、早いと30分程度で審査が終わります。


契約・本人確認

審査が通ったら契約を行うために返済方法の選択や本人確認を行います。


本人確認に必要な書類(いずれか)

・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード(顔写真付きのもの)
・健康保険証+「住民票」「公共料金領収書」「納税証明書」いずれか




収入証明書(いずれか1点)

※希望借入額が50万円を超える場合
※他社を含めた借入額が100万円を超える場合


・源泉徴収票(最新年度のもの)
・給与明細書+賞与明細書(直近2ヶ月分+賞与1年分)
・市民税県民税額決定通知書(最新年度のもの)
・所得証明書(最新年度のもの)



借入額が50万円未満の場合や、他社での借り入れがない方は本人確認書類のみで問題ありません。


即日お金を借りるコツ

本人確認書類に漏れがあると審査がやり直しになってしまい、即日お金を借りられないことがあります。

契約の際に本人確認を行うため、今の時点で上記の書類があるかどうかを確認しておきましょう。



受け取り

アコムの場合はカード受け取りが必要なため、自動契約機にてカード受け取り、その後ATM利用が可能です。
プロミスとSMBCモビットの場合はカードレスでの入出金ができるため、セブン銀行ATMにてすぐに取引が可能となります。


即日お金を借りるとき審査なしでお金は借りられる?


即日でお金を借りるまでの流れをご紹介しましたが、どの金融機関を選んでも審査の時間は必ずあります。


「即日お金を借りられる金融機関で審査がないところはないか?」
という質問をいただきますが、審査なしで即日お金を借りることはできません。
即日かどうかに関わらず、お金を借りるのには審査が必要です。


返済能力があるかどうか審査をするのは、法律で決められているので、審査なしでお金を借りられるところは違法な闇金業者とになります。


今すぐお金が必要となると、目先の誘惑に走ってしまいがちですが、返済時に高額な支払いを迫られたり、違法な取り立てをされるなど後悔に繋がるので絶対にやめておきましょう。


お金を即日借りるとき審査が甘いところはある?

「ここは審査が甘い」と確実にいえる金融機関はありません。
即日融資が可能なキャッシングであっても、即日OK=審査が甘いわけではなく、機械によって審査時間を短縮しているだけ。


審査なしと同様に「審査が甘い」とうたっている機関も闇金やグレーな業者な可能性があるので、審査を受ける段階でしっかりと見極めることが重要です。


そうなってくると、無職だったり、過去にブラックリストに載ったことがある人は審査に通るか不安だと感じる人もいるでしょう。
借り入れが不安な条件下でも即日お金を借りることはできるのか?調べてみました。


専業主婦でも即日でお金は借りられる?

現在、専業主婦が即日でお金を借りることはできません。
収入のない専業主婦がお金を借りること自体が難しいので、たとえ即日でなくても今すぐお金を借りることはできないと覚えておきましょう。


少しでも収入がある主婦であれば、上記でご紹介した金融業者でお金を借りることができます。


専業主婦がお金を借りたいとなった場合、配偶者の同意の元「配偶者貸付」という方法でお金を借りることができます。
ただし、消費者金融ではなく、銀行カードローンを使った方法になるため、即日お金を借りることは難しいでしょう。


無職が即日お金を借りる方法は?

無職の人も同様に、消費者金融を利用して即日お金を借りることはできません。
消費者金融のようにお金を借りるのに審査が必要な場合、現在収入がないというだけで返済の能力がないと判断され、融資の対象外となってしまいます。


無職の人がお金を借りる場合、仕事を探して収入がある状態を作るか、もしくはページ下部に記載の「お金を借りたいけれど審査が通らない場合に即日お金を借りる方法」から該当するものがないか探してみてください。


未成年(18・19歳)が即日にお金を借りる方法は?

未成年も消費者金融から即日お金を借りることはできません。
消費者金融では20歳以上を対象に融資を実施しているため、未成年という段階で審査が通らなくなってしまいます。


未成年で即日お金を借りる方法のひとつに「クレジットカードのキャッシング」を利用する方法があります。
詳しくは「クレジットカードのキャッシング機能で即日お金を借りる」でご紹介しています。


お金を借りたいけれど審査が通らない場合に即日お金を借りる方法

専業主婦や無職、未成年のほか、消費者金融で審査が通らなかった場合、今すぐお金を借りられないのかというと、そういうわけではありません。
実はキャッシング以外にも即日お金を借りる方法というのは意外とあります。


融資の対象外だったり、審査が通らなかった方に、即日お金を借りる方法をご紹介します。


中小消費者金融で即日お金を借りる

消費者金融というと上部でご紹介したプロミスやアコムのような大手が有名ですが、いわゆる街金と言われる中小の消費者金融も存在します。


中小消費者金融は大手ほど審査が厳しくないという声もあるため、プロミスやアコムで審査落ちしてしまった方は中小消費者金融で再度審査を試してみても良いかもしれません。


中小消費者金融の金利は大手の消費者金融に比べると割高になっています。


また、即日融資がOKなところであっても、アプリやコンビニの入出金に対応していないことがほとんどなので、実際に店頭に行かないとお金を借りられないことが多いです。


無名の消費者金融は正規の金融機関でなく、闇金の可能性もあるので、金融庁の登録貸金業者情報を調べるなど、安全対策をしっかり行いましょう。


最初から中小消費者金融を利用すると損をしてしまう可能性があるので、審査に問題がない人はまず大手の消費者金融に申し込みをすることをおすすめします。


クレジットカードのキャッシング機能で即日お金を借りる


クレジットカードを現在所持していて、なおかつそのクレジットカードにすでにキャッシング機能が付帯している方は「キャッシング枠」を利用して即日お金を借りることができます。
クレジットカードのキャッシングも同様に、提携銀行のATMやコンビニを利用してお金を引き出すことが可能です。


クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、限度額とショッピング枠で利用した金額に応じてキャッシングで借り入れできる限度額が決まります。


なお、現在所持しているクレジットカードでキャッシングの申し込みをしていない場合は、即日お金を借りることはできないため、注意が必要です。


生命保険の「契約者貸付制度」で即日お金を借りる

現在生命保険に加入している人は、契約者貸付制度を利用してお金を借りることができます。
対象となるのは積立保険で、解約払戻金の範囲内でお金を借りられる制度となっています。


加入している保険会社や条件によって即日お金を借りられることがあるため、生命保険に加入している人は一度問い合わせしてみても良いかもしれません。


家族や知人に即日お金を借りる

どうあがいてもキャッシングでお金を借りることができない、でも今すぐお金が必要という場合の最終手段は、家族や知人に申し出てお金を借りる方法です。


家族や知人に借りる場合、審査は必要ありませんし、即日お金を借りることも可能です。


とはいえ、お金を借りることでトラブルに発生するケースも少なくありません。
家族や仲の良い知人であっても、お金を借りる場合は借用書を作成し、信頼できる状態で借りるようにしましょう。


【とにかくお金を借りたい人に】即日以外でお金を借りる方法

ここからは補足として、即日以外でお金を借りる方法をご紹介します。
即日お金を借りることが難しい方や、急いでお金を借りる必要がない方は参考にしてみてください。


銀行のローンでお金を借りる

即日お金を借りる必要がない方は、銀行のローンを利用するのがおすすめです。
銀行のカードローンの方が消費者金融よりも金利が低いところが多いため、急ぎでなければ銀行ローンを利用する方がお得に済むことも。


またお金を借りるための目的が明確であれば、マイカーローンやブライダルローンなど目的に応じてお金を借りることもできます。


国や自治体からお金を借りる

意外ではありますが、即日でなければ国や自治体からお金を借りることも可能です。
基本的には、生活再建や教育ローン、母子家庭などの理由で借りることができる制度ですが、金利がかなり低いので無理なくお金を返せるのがメリットです。


また失業中の方が融資を受けられる制度もあるため、無職になったばかりの方はぜひ利用したいところ。
ただ申請に数々の書類が必要だったり、役所に何度も行かなければいけないという手続きの面倒さは伴います。


勤務先(会社)の「貸付制度」でお金を借りる

国や自治体以外に、勤務先によっては会社からお金を借りることができます。
企業には「従業員貸付制度」という制度があり、従業員がトラブルに巻き込まれたり、やむを得ない事情でお金を必要としているときに、会社としてお金を貸すことができる制度です。


ただし企業全部に備わっているわけではなく、福利厚生として取り入れているかどうかという基準になるため、どうしてもお金が必要な場合は勤務先に聞いてみるのも良いかもしれません。


自身の審査状況に問題がない場合は、無理して会社に借りるよりも、消費者金融を利用した方がバレる心配やトラブルなくお金を借りることができます。


今すぐお金を借りるなら即日OKなキャッシングを利用する

お金を借りる方法をいくつかご紹介しましたが、即日お金を借りたい場合はやはりキャッシングを利用するのが最速で、かつ安全といえるでしょう。


今回ご紹介したキャッシングの公式サイトでは「◯秒診断」という形で借り入れが可能かどうか、その場で診断できるシステムもあります。


即日お金を借りるには、希望する機関の営業時間内に審査を受ける必要があるので、借り入れ先を決めた時点ですぐにネットから申し込みをするのがコツです。
当サイトがご紹介した内容を元に、いち早く審査の申し込みをしてみてくださいね。


面倒な手続きなし!
最速1時間でお金を借りられる!

プロミスのバナー画像

>もう一度おすすめのキャッシングを再確認する<