リボ払いの仕組みと借金地獄にならないために知っておくべき知識【計算シミュレーション付き】

更新日:

リボ払いとは?仕組みと計算方法を解説

リボ払いとは、月々の支払金額を決まった額に固定し、利息と合わせて払っていく仕組みです。

リボ払いは「リボルビング払い」の略称で、1970年代からアメリカを中心に普及しているクレジットカードの支払い方法の一つ。

日本ではあまり普及していないように見えるリボ払いですが、日本銀行のアンケートによると約55%の人が「一度でもリボ払いを利用したことがある」と回答しています。

リボ払いは月ごとの支払いが一定になるため家計の管理をしやすい点がメリット。

一方で支払い手数料の金利が高く、無計画に利用すると借金地獄に陥ってしまうデメリットもあります。

このページではリボ払いの仕組みや計算方法、メリット・デメリットをわかりやすく解説していきます。

リボ払い初心者やリボ払いを検討している人の参考になれば幸いです。


    リボ払い(リボルビング払い)とは何か?わかりやすく教えます


    リボ払いとは、利用金額に関わらず毎月の支払金額を一定にする支払い方法です。
    たとえば10万円の商品を毎月1万円ずつ支払うリボ払いで購入した場合、10ヶ月かけて商品代を支払っていく。
    このとき、元金と一緒にリボ払い手数料も支払う必要があります。

    手数料のかからない一括払いよりも支払い金額は多くなるものの、毎月の支払い額が固定されるので、月ごとの支払い金額を気にすることなく買い物可能です。
    リボ払いにおける元金とは、手数料を含まない支払残高を指します。

    この例では、商品代金の10万円が元金です。
    リボ払いで発生する手数料は、分割払いの手数料よりも高額になるケースが多く、リボ払いを使いすぎると支払総額が想像以上に多くなることもあります。

    実際、リボ払いで苦しんだヤバい経験談がネット上に公開されていますよね。

    リボ払いの支払いで借金地獄にならないよう、リボ払いをしっかり理解した上で、計画的に利用しなければなりません。

    支払金額が変わる?リボ払い 2種類の支払い方法

    リボ払いには2種類の支払い方式があります。

    定額方式

    リボ払い定額方式の仕組み


    定額方式は、支払残高に関わらず毎月一定金額を支払う方式です。

    たとえば毎月5万円ずつ利用し、1万円ずつ支払っていくとします。

    1ヶ月ごとに支払金額は5万円ずつ増えていきますが、支払いは1万円だけでいいのが定額方式。

    急な出費で支払残高が増えても、毎月の支払い金額は一定なので、金欠にならなくて済みます。

    毎月支払う金額は、基本的に自由に決められますが、低い金額を設定していると支払い残高が減らず、支払期間が長期間になります。

    残高スライド方式

    リボ払い残高スライド方式の仕組み


    残高スライド方式は、あらかじめ指定された支払い残高に応じて毎月の支払金額が変化する方式です。

    よくある残高スライド方式の例を見てみましょう。
    支払い残高 月々の支払金額
    〜49,999円 5,000円
    50,000円〜99,999円 1万円
    10万円以上 支払い残高が1万円増えるごとに
    支払金額が5,000円増える
    たとえば毎月のリボ利用を控えめにして、支払い残高が5万円を超えないよう管理した時、毎月の支払い金額は5,000円になります。

    しかし、ある日家電が壊れてしまい、急な出費でリボ払いの支払い残高が7万円になったとします。

    その月から支払い金額は1万円にアップし、支払い残高が5万円以下になるまで毎月1万円を支払います。

    リボ払いの支払い残高が5万円以下になると、毎月の支払い金額はまた5,000円になります。

    リボ払いの残高スライド方式は、支払い残高をチェックしていないと、いきなり支払金額が増える可能性もあるので注意しましょう。

    残高スライド方式のメリットは、支払い残高に応じて月々の支払い金額が変化するので、定額方式よりも支払い残高が増えにくい点です。

    リボ払いの利用には手数料が必要


    リボ払いの手数料とは、いわば利息です。

    10万円の商品を購入し、毎月1万円ずつ支払っていく場合、残りの9万円はクレジットカード会社にお金を借りている状態になります。

    この際の利息が手数料として上乗せされるのです。
    ▼リボ払い手数料の計算式
    支払い残高×金利×利用日数÷12ヶ月
    ※利用日数=返済日翌日〜次回返済日

    リボ払いの金利が15%のクレジットカードで15万円の買い物をした場合、
    15万円×0.15×30日÷12ヶ月
    =1,850円
    最初の1ヶ月でかかる手数料は1,850円だとわかります。
    リボ払いの手数料は、毎月の支払い金額に上乗せされる場合と、支払い金額に含まれる場合があります。
    たとえば1万円の支払い金額に手数料が含まれる場合、1万円を払っても、実際に支払っている元金は8,150円になるのです。
    リボ払いの手数料が支払い金額に含まれているかは、クレジットカード会社によって違います。
    たとえばJCBは1ヶ月の支払い金額に手数料を上乗せしており、セゾンは1ヶ月の支払い金額に手数料が含まれています。
    セゾンのように支払い金額に手数料が含まれる場合、手数料の分だけ支払い残高が残ってしまうので、手数料が上乗せされる仕組みよりも支払回数が1回増えてしまいます。

    同じ金利でもリボ払いの手数料を含むかどうかで、支払う金額が変わってしまうんですね。

    支払いに手数料が含まれないJCBと、支払いに手数料が含まれるセゾンの支払いシミュレーションを使って、リボ払いを利用した際の手数料や毎月の支払金額を確認してみましょう。

    JCBカードのリボ払いシミュレーション

    JCBカードのリボ払いシミュレーション


    JCBは毎月支払う元金に手数料を上乗せして支払うので、「毎月の支払いは1万円」と決められていても、実際には1万円を超えた金額になります。

    この場合の手数料の総額は6,647円です。

    セゾンカードのリボ払いシミュレーション

    セゾンカードのリボ払いシミュレーション結果


    セゾンカードは月々の支払いにリボ払い手数料が含まれているため、毎月の支払い金額は1万円で一定です。

    リボ払い手数料分の端数を11ヶ月目に支払うので、JCBよりも支払回数が1回多くなり、手数料も7,215円になります。

    リボ払い手数料の計算シミュレーターで手数料を計算する


    リボ払いの手数料を簡単に算出するシミュレーターを制作しました!

    >>支払金額にリボ払い手数料を含む場合はこちら

    >>支払金額にリボ払い手数料を上乗せする場合はこちら

    シミュレーターに
    「利用予定金額」
    「月々の支払い予定金額」
    「実質年率」
    を入力すると、手数料を含めて何回支払いが必要かを算出します。

    「支払い後の残高」に表示されている金額が、0以下になった場所が最後の返済です。
    例)この場合、支払い後の残高が「-1,248円」になった11回目がリボ払いの最後の支払いになります。
    リボ払い手数料計算例

    リボ払いの金利は基本的に、年利15%前後で設定されています。

    年利とは、1年間ずっとお金を借りたままにしていた場合にかかる手数料の利率。
    たとえば、10万円の商品代金を購入から1年以内に払いきってしまえば、金利は15%もかかりません。

    仮に半年で払いきれば金利は15%÷2=7.5%、3ヶ月で払いきれば15%÷4=3.75%の金利となります。
    リボ払いは早く支払えば支払うほど利率が低いので、支払いを長期化させず、数ヶ月で払いきれば比較的お得に利用できる支払い方法だと言えます。

    では、リボ払いの支払いが長期化した場合のシミュレーションを見てみましょう。

    20万円を毎月5,000円ずつのリボ払いで支払った場合のシミュレーションです。

    JCBカードのリボ払いシミュレーション

    JCBカードのリボ払いシミュレーション


    約3年かけてリボ払い20万円分を支払っていきます。

    この時にかかるリボ払いの手数料はなんと50,762円!
    仮に20万円のテレビをリボ払いで購入したら、手数料として支払うお金でブルーレイディスクレコーダーや重低音スピーカーを購入できてしまうんです。
    こう考えると、リボ払いにかかる手数料はなるべく低く済ませたいですよね。

    ここで注意したいのは、手数料の計算をする際、金利をかけるのは「支払い残高」であること。

    この記事の例では「10万円の商品を毎月1万円ずつのリボ払いで購入した場合」と仮定しました。

    しかし、10万円の買い物をした翌月に、さらに10万円の商品を購入した場合、2ヶ月目の段階で支払い残高は19万円になります。

    そうなるとリボ払い手数料が、
    2,343円(=19万円×0.15(金利)×30日÷12ヶ月)
    に跳ね上がってしまうのです。

    毎月クレジットカードのリボ払いでショッピングをして支払残高が増えれば増えるほど、手数料はかさんでいきます。

    リボ払いと分割払いの違いは?似ているようで違う仕組み


    リボ払いと似た支払い方法として、分割払いがあります。

    リボ払いも分割払いも、購入代金を数回に分けて支払う方法ですが、似ているようでまったく違う仕組みです。

    大きな違いは、支払いの基準を「金額」と「回数」どちらにするか。
    リボ払い:毎月の「支払額」を契約時に決めて支払う方法

    分割払い:毎月の「支払回数」を購入時に決めて支払う方法
    リボ払いが常に支払いを一定化できるのに対し、分割払いは一時的な出費を抑えるのに向いています。

    というのも分割払いは、買い物のたびに分割する回数を設定できるため。

    具体的にリボ払いと分割払いの違いを見ていきましょう。
    ▼例
    今月購入したもの
    パソコン・・・15万円
    洋服・・・・・9,000円
    靴・・・・・・3,000円
    合計 16万2,000円

    1ヶ月にクレジットカードで16万2,000円利用したと仮定しましょう。

    リボ払いの支払いイメージ


    リボ払いの場合、毎月決めた金額に応じて支払っていきます。
    毎月1万円ずつの支払いなら、17ヶ月で全額を払い終える計算になります。

    一方で分割払いの場合、毎月いくら支払うかは買い物ごとで決まります。

    たとえば、下記の分割回数で支払うとしましょう。
    パソコン代:分割払い(5回)
    洋服:分割払い(3回)
    靴:一括払い(1回)

    分割払いの支払いイメージ


    この場合1ヶ月目の支払いは
    パソコン代(30,000円/5回払い)+洋服代(3,000円/3回払い)+靴代(3,000円/一括払い)=36,000円

    2ヶ月目は一括払いした靴代がなくなるので
    パソコン代(3,000円/5回払い)+洋服代(3,000円/3回払い)=33,000円

    4ヶ月目と5ヶ月目は3回払いの洋服代がなくなり、パソコン代だけになるので30,000円の支払いになります。

    分割払いは、購入した商品ごとに支払回数を決められるのがメリット。

    支払回数はカード会社ごとに定められており、12回、24回と細かい分割も可能です。

    リボ払いと分割払い、お得なのはどっち?


    リボ払いと分割払いの仕組みを複雑に感じる人は、どちらの支払い方法がお得なのか気になると思います。

    どちらがお得なのかを理解するには、
    支払いの分割回数」と「金利手数料
    の関係を知っておくべきです。

    リボ払いは「支払残高」に金利手数料をかけて計算するのに対し、分割払いは「購入した商品ごと」に金利手数料を計算します。

    リボ払いと分割払い手数料の違い


    さきほどの例を元にリボ払いと分割払いの金利手数料を計算してみましょう。

    分割払いは商品ごとに金利手数料が発生するため、それぞれ以下の手数料がかかります。
    パソコン代:5,100円
    洋服代:183円
    靴:0円
    ※3回払いの年率12.2%、5回払いの年率13.5%とした場合
    ※分割払いの利率はカード会社によって異なります

    一方リボ払いの場合、金利手数料だけで2万円を超えてしまいます。

    リボ払いの手数料計算結果


    ※支払い手数料(金利手数料)の計算は、こちらのシミュレーションシートで算出

    これだけで比較すると分割払いの方が圧倒的にお得ですが、「支払いの分割回数」を増やすと一気に逆転します。
    ◆パソコン代を36回払いにした場合
    パソコン代:36,720円
    洋服代:183円
    靴:0円
    ※36回払いの年率14.82%とした場合
    ※分割払いの利率はカード会社によって異なります


    分割払いは支払回数を増やすと金利が上がる仕組みなので、支払回数の増減で手数料の総額が変わるわけです。

    カード会社によっては、分割払いの回数が増えると、リボ払いの年率と同じになるケースも。

    つまり少ない回数で分割払いを利用すると、分割払いのほうがお得になるケースが多くなります。

    逆に24回払いなど支払回数が多い場合、リボ払いは少ない手数料でお得になる可能性があります。

    分割払いは決められた回数に分けて支払う仕組みですが、リボ払いは金銭的に余裕のあるタイミングで繰り上げて支払いできる仕組みです。

    リボ払いは繰り上げ返済をする分、手数料のかかる支払いが減るので、リボ払いにすると得をするケースもあります。

    主要カードの実質年率を分割払い、リボ払いそれぞれまとめてみました。

    カード会社 リボ払いの実質年率 分割払いの実質年率
    三井住友カード(VISA) 15.0% 12.0〜14.75%
    セゾンカード 9.6〜12.0%
    ※支払いコースによる
    9.9〜12.2%
    ※支払いコースによる
    JCBカード 8.04〜18.00%
    ※スマリボ登録中は実質年率15.00%
    7.92〜18.00%
    エポスカード 15.0% 15.0%
    オリコカード 15.0% 12.2〜15%
    Yahoo!カード 18.0% 12.19〜14.60%
    楽天カード 15.0% 12.25〜15.00%
    イオンカード 15.0% 10.05〜12.04%
    dカード 15.0% 12.00〜14.75%

    一般的に手数料はリボ払いより分割払いの方が低くなる傾向にあります。

    なるべく手数料を払いたくない人は、支払い回数が少ない分割払いにするとよいでしょう。

    分割払いでも2年近い長期的な支払回数を選択する場合は、リボ払いと比べて手数料がどうなるか、シミュレーターでの事前チェックをおすすめします。

    各クレジットカード会社では、リボ払いや分割払いの支払金額を自動で算出してくれるシミュレーションページがあります。

    リボ払いのメリットとデメリットをしっかり理解しておこう


    リボ払いのメリットとデメリットはどんな点でしょうか?

    メリットだけでなくデメリットを理解して、気づいたら取り返しのつかない借金地獄に陥らないよう気をつけましょう。

    リボ払いのメリット

    家計の支出管理がしやすい

    リボ払いは毎月の支払いを一定額にできるので、家計の支出を管理しやすいのがメリットです。

    リボ払い以外の支払い方法だと、利用金額に合わせて毎月の引き落とし金額が変わります。
    そのため毎月の引き落とし日までに、支払い金額を把握して支払いの準備をする必要があります。

    リボ払いはその点を意識する必要がありません。

    突然出費が増えても困らない

    リボ払いなら、突然出費が増えてしまっても焦らず対応できます。

    毎月の引き落とし日までに、リボ払いの支払い金額分を用意しておけばいいので、まとまったお金が用意できない人でも滞納せず支払い可能です。

    リボ払いなら繰り上げ返済も可能

    長期間支払うと手数料が高くなるリボ払いは、給料やボーナスの入ったタイミングで繰り上げ返済も可能です。

    リボ払いをうまく使えば、払えるときに払って残高を減らし、支払い手数料を軽減できます。

    どうしてもお金が用意できない数ヶ月だけリボ払いで対応し、収入が安定したときにまとめて返済する使い方も便利です。

    リボ払いのデメリット

    支払い手数料が他の支払い方法に比べて高い

    リボ払い最大のデメリットは支払い手数料です。

    元金の支払いだけでいい、一括払いや2回払いと比較すると、リボ払いは余分に手数料を支払う仕組みになっています。

    1ヶ月の支払金額は一定で管理も楽ですが、総支払い額は他の支払い方法に比べて高額になります。

    リボ払いの年率は高く設定される傾向で、「少しくらいの手数料なら…」と思っていると痛い目を見るので注意してください。

    支払い残高の増加に気づきにくい

    リボ払いは毎月の支払い金額が同じで、無理のない支払い金額に設定するケースが多く、「お金を使っている」感覚が薄れがちです。

    浪費している意識が無く、リボ払いの支払い残高は膨らみ、支払いが長期化する可能性もあります。

    特にリボ払いの定額方式は、毎月の支払金額を低く設定すると、口座からお金が減りにくいのでお金があると勘違いして浪費する人がいます。

    知らない間に多額の負債を抱えてしまう可能性がある

    クレジットカードの一括払いは、引き落とされる金額が毎回異なるため、定期的にクレジットカードの明細書を見る癖が付きます。

    しかしリボ払いは、毎月同じ金額しか引き落とされないので、明細を確認しない人が多いです。

    その結果、現段階でどれだけ支払い残高があるか把握できず、知らないうちに途方もない元金と手数料が積み重なってしまう可能性も。

    リボ払いで借金を抱えてしまった人は、明細書を見る癖がなく、気付いた頃に多額の負債を抱えていたケースが多いです。


    手数料が元金を超える?リボ払いが引き起こす借金地獄の真相


    リボ払いが怖いと言われるのは、支払金額と回数によって、本来支払わなければならない元金よりも、手数料の方が多くなってしまうため。

    リボ払いによって借金を抱えている人の多くが、この状態に陥ってしまっています。

    特に、手数料と元金の逆転が起きやすいのは次のような人。
    • 定額方式で設定している
    • 1ヶ月の支払いの中に手数料が含まれている
    • 毎月の支払いが低額(1万円など)
    • 何回も継続してリボ払いを利用している
    ▼たとえば
    毎月10万円買い物に利用し、1万円ずつ返済していく場合

    リボ払い手数料計算例

    支払残高
    10万円×12ヶ月=1年で120万円
    支払った元金
    1万円×12ヶ月=12万円
    リボ払い利用開始から1年後の支払い残高(元金)
    120万円−12万円=108万円
    毎月リボ払いを利用して支払った場合、1年後の支払残高(元金)は108万円。

    この時点で最低でも13,500円もの手数料がかかり、元金の1万円を超える計算に。

    つまり毎月支払っている1万円は、元金ではなく、手数料に充てられていることになります。

    定額方式のリボ払いの手数料


    この先毎月1万円ずつ支払いをしても、それらはすべて手数料。
    元金はずっと減らないループに陥ってしまうのです。

    手数料が元金に含まれる支払い方法だと、毎月支払う元金が1万円以下となるため、さらに手数料がかさみます。

    リボ払いが引き起こす借金地獄は、このような悪循環が引き金になります。
    • 毎月の支払金額を高めに設定する
    • 残高スライド方式に設定する
    • 緊急時のみリボ払いを利用する
    • 日頃から意識して明細を確認する
    このように工夫してリボ払いを利用すれば、借金地獄に陥る心配はありません。

    リボ払いの種類はいろいろある


    リボ払いの種類は大きく分けて3つあります。

    支払いごとにリボ払いにする

    支払いごとにリボ払い


    1つ目が、会計によって必要なときだけリボ払いを指定する方法です。

    高額な商品のみをリボ払いにしたい時や、出費がかさんで一括払いが難しい時など、一時的な利用に向いています。

    利用したい時は、クレジットカードでの会計時に、口頭でリボ払いにしたい旨を店員に伝えるだけ。

    リボ払い専用のカード以外は、一般的に一括払いが主流となっており、申告しないとリボ払いにならない可能性があるので注意しましょう。

    あとからリボ払いにする

    あとからリボ払い


    2つ目が、一括払いや分割払いで商品を購入した後、リボ払いに変更する方法です。

    「あとからリボ」と呼ばれ、楽天カードや三井住友VISAカード、dカードなど、多くのクレジットカードで採用されています。
    ※カード会社によって名称は異なります。

    一括払いにするつもりが、他の出費がかさみ、一括で支払えなくなった時に便利です。

    あとからリボへの変更は、クレジットカード各社Webサイトのマイページで行えます。

    商品ごとに変更可能なので、どうしても支払えない商品のみをリボに変更すれば、すべての支払をリボ払いにするよりも手数料が安く済みます。

    最初からすべてリボ払いにする

    最初からすべてリボ払い


    3つ目は、引き落としの際は必ずリボ払いになる支払い方法です。

    リボ払い専用カードは必然的にすべての支払がリボ払いになります。

    支払いを毎月一定にしたい人は、会計時に都度申告する必要がないので、最初からリボ払いを選択するのがおすすめ。

    友人や恋人の前でリボ払いにしていると知られたくない人も、バレずに済みます。

    申し込み時に最初からリボ払いを選択できるほか、カード申し込み後にマイページから変更も可能です。

    勝手にリボ払いになっていた!?申込時の落とし穴


    「リボ払いになっていると気付かず、知らないうちに借金が積み重なっていた」というのは、実はよくあるトラブル。

    試しに、Twitterで「リボ払い 勝手に」と検索すると、知らない間にリボ払いになっていた人が驚くほどたくさんいます。

    リボ払い専用カードを申し込んだわけでもないのに、勝手に支払いがリボ払いになってしまう原因は、申込時のキャンペーンです。
    キャンペーンの概要や申し込み画面をよく読まず、「キャッシュバックがもらえる」「ポイントがたくさんもらえる」とチェックを付けた項目が、実はリボ払いの申し込みだった可能性があるんですね。
    クレジットカード会社にとって、リボ払いの手数料は儲けになるので、積極的にリボ払いを使ってほしいと考えています。

    そこで、高額キャッシュバックやたくさんのポイントを付与する代わりに、リボ払いに申し込むよう誘導しているわけです。


    申し込みをした本人はリボ払いを選択した意識がないので、ふとしたときに利用明細を見てリボ払いになっていると気付くパターンがほとんど。

    クレジットカードを申し込む時には、必ずキャンペーン内容をよく確認しましょう。

    すでにリボ払いに申し込んでしまった人は、Webサイトから支払い方法を変更すれば次の支払日から適用されます。

    リボ払いは回数や金額を決めて計画的に使おう


    リボ払いは便利な一面もありますが、きちんと理解してから利用しないと取り返しがつかなくなります。
    特に、クレジットカードを初めて作る学生や新社会人は要注意。
    一歩間違えると、学生にも関わらず借金地獄に陥る羽目になります。
    クレジットカードの手数料に悩まされないためには、分割払いやボーナス払いをうまく使い分けるのが重要です。

    金銭的に余裕がない時は便利な支払い方法であるリボ払い。

    手数料の仕組みや支払いについてしっかり理解して、計画的に使いこなしましょう。