【2020年版】今すぐ作って使える!審査早いクレジットカードランキング!

クレジットカードの申込書の画像


審査の早いクレジットカードを紹介しているサイトは沢山ありますが、本当に審査が早いのかわからず、申し込みを迷っているとの相談を度々いただきます。

そこで、クレジットカード即日発行ガイドが独自の調査を行い、本当に審査が早いクレジットカードをご紹介します。

今回は審査の早さだけでなく、本当に急いでいる人、今日中にカードがすぐ欲しい人のような、緊急性の高い人向けのランキングにしています。

ランキングに掲載されているクレジットカードは、どれも審査が早いカードばかりですが、ランキングが下にいくほど、カードの受け取りまでに、日数がかかりますのでご注意ください。

審査の早さ以外にも、ポイント還元率やサービスなどのメリットを簡単に比較して、自分がお得に使えるクレジットカードを選んでいきましょう。


    【即日審査対応】今すぐ作れる審査が早いクレジットカードランキング


    即日審査に対応している審査が早いクレジットカードランキングをご紹介します。

    クレジットカード即日発行ガイドでは、発行までの日時も合わせて審査が早いクレジットカードをランキングにしてみました。
    ※当サイトで独自に調査した結果を元にランキングを掲載しています。

    即日審査を受けるには営業時間内に申込みが必要なクレジットカードもあるので、早速チェックしていきましょう。

    ACマスターカード

    • 審査の早さ / 最短30分
    • カード受け取り日 / 最短即日受取可能(最短1時間)
    • 年会費 / 無料
    • 限度額 / 最高800万円
    • ※800万円はショッピング枠とキャッシング枠合計の上限金額です。
    今すぐクレジットカードが手元に必要な人は即日審査&受取の両方に対応しているACマスターカードを選びましょう。

    審査は最短30分で、早ければ今から1時間以内にも発行できるクレジットカードです。

    北海道から沖縄まで、全国960箇所にある窓口と自動契約機(むじんくん)の利用で、24時間受け取りが可能です。
    ※年末年始を除く

    北海道や沖縄に住んでいる方は、郵送の都合でクレジットカードが届くまでに時間がかかりますが、ACマスターカードなら地域関係なくその場で審査と発行ができます。

    ACマスターカードは発行後すぐに使用でき、海外でのショッピングやキャッシングも利用可能。
    他のカード会社では審査に時間がかかるキャッシング機能も、ACマスターカードならばすぐに現金を借りられます。

    審査スピードは早いですが適当なわけではなく、三菱UFJフィナンシャル・グループで共有している審査ノウハウを元にきちんと審査してくれるので安心!

    年会費も永年無料なので、とりあえずすぐに使える1枚が欲しい人なら持っておいて損はないクレジットカードです。

    「すぐ作れる、すぐ使えるといえばACマスターカード」というくらい、審査の早いクレジットカードの中でも発行スピードは圧倒的です。
    ※2020年2月13日時点の調査結果

     


    JCB一般カード

    • 審査の早さ / 最短1時間 
    • カード受け取り日 / 最短翌日
    • 年会費 / 1,250円(税抜) 
      ※初年度年会費無料
    • 限度額 / 20万円〜100万円
    クレジットカード大手のJCBは、審査スピードにも定評のあるカード会社です。
    申込み後の審査は最短即日、翌日には手元に届きそのまま利用できます。
    ※平日11:00までの申し込み、オンライン口座の設定で最短即日発行の翌日お届け

    即日発行が可能なので、審査結果も申し込んだその日のうちに届きます。

    審査が早いクレジットカードの中でも、ポイントやサービスを重視したい人はJCB一般カードがおすすめ

    即日発行だけでなく、ポイント還元率、JCBならではのサービスを兼ね揃えたクレジットカードです。

    海外、国内ともに最高3,000万円の旅行傷害保険がついているため、海外旅行に持っていく1枚としてもばっちり。海外での利用でポイントも効率的に貯められます。

    入会翌年以降は1,250円の年会費がかかりますが、入会キャンペーンを利用すれば年会費分とほぼ同等のポイントがもらえます。

    今なら最大16,000円分プレゼント実施中!

     


    エポスカード

    • 審査の早さ / 最短1時間 
    • カード受け取り日 / 最短即日受取可能
    • 年会費 / 無料
    • 限度額 / 公式サイト参照
    エポスカードは丸井グループの株式会社エポスカードが発行する年会費永年無料のクレジットカード。
    ネット申込み後にマルイの店頭窓口で最短当日受け取りが可能です。

    エポスカードは即日発行すると、マルイ店舗ですぐに利用できる2,000円分の優待クーポンがもらえます。

    即日発行できて特典がもらえるクレジットカードは、エポスカードとJCB一般カードだけ。 加えて、新規入会するだけで特典がもらえるのはエポスカードだけとなっています。
    ※JCB一般カードは家族カードの発行やリボ払い登録が必要。


     


    セゾンカードインターナショナル

    • 審査の早さ / 最短1時間
    • カード受け取り日 / 最短即日受取可能
    • 年会費 / 無料
    • 限度額 /  10〜150万円
    セゾンカウンターでの即日受取に対応しているため、即日審査を行っているセゾンカード。

    即日発行を希望しなくても、ネットから申し込めば最短1時間で審査結果が届きます。

    最寄りのセゾンカウンターに行けば、その場でカードを即日発行できるのが特徴。

    セゾンカウンターがない場合は郵送での受取になりますが、それでも最短3〜7営業日とかなり早いスピードで手に入れられるクレジットカードです。

    セゾンカードは有効期限がない永久不滅ポイントが特徴。生活費やスマホ代の支払いに利用するクレジットカードをすぐ手に入れたい人におすすめです。

     


    三菱UFJニコスVIASOカード

    • 審査の早さ / 最短即日
    • カード受け取り日 / 最短翌営業日
    • 年会費 / 無料
    • 限度額 / 10〜100万円
    ネットから午前9時までに申し込めば最短翌営業日までに審査が完了し、申し込みから最短翌日には手元にカードが届きます。

    クレジットカードの中でも審査が早いと評判で、クレヒスに問題がなければすぐに審査結果がくると言われています。

    土日祝は営業時間外なので審査に対応してもらえないのが残念ですが、平日ならば即日審査も可能です。

    ただし、受取は郵送のみとなっているため、即日受取はできません。

    ポイントプログラムに優れているクレジットカードで、他ポイントへの交換レートが非常に高いのが魅力。普段の買い物でクレジットカード払いを利用したい人におすすめですよ。

     


    MUFGカード スマート

    • 審査の早さ / 最短即日
    • カード受け取り日 / 最短翌営業日
    • 年会費 / 初年度無料
      1000円(税別)
    • 限度額 /  10〜100万円
      ※学生 10万円
    最短即日審査に対応しているMUFGカードスマート。
    三菱UFJ銀行が取り扱うクレジットカードで、銀行系のカードでは珍しく最短翌営業日の発行完了となります。

    MUFGカード スマートは23歳以下なら年会費が無料になる若年層向けのクレジットカードで、簡単な条件をクリアするだけで年会費無料が継続されます。

    MUFGカードスマートの年会費無料条件
    年会費請求月の前月末時点で23歳以下
    前年度の年間ショッピング利用金額が10万円以上
    登録型リボ「楽Pay」に登録、「楽Pay」利用分が翌月以降に繰り越された場合

    特に三菱UFJ銀行をメインバンクとして使っている人に特典の多いカードで、一定条件を満たすと三菱UFJ銀行のATMと、提携コンビニATM手数料が無料になるのが嬉しいポイント。

    今だけ!
    利用金額の20%キャッシュバック特典中


    三井住友カード(旧クラシックカード)

    • 審査の早さ / 最短翌営業日最短即日に対応しました!
    • カード受け取り日 / 最短翌営業日
    • 年会費 / 1,250円(税抜)
      2020年4月30日までの入会で永久無料!
    • 限度額 / 10万円~80万円
    三井住友カード(旧クラシックカード)は、三井住友カードの一般カード。
    海外旅行傷害保険といった付帯保険が非常に充実し人気のクレジットカードです。

    今までは審査に時間がかかっていた三井住友カードですが、即日審査に対応しました。

    最短翌営業日までにカードが発行され、一週間程度で手元に届きます。

     


    楽天カード

    • 審査の早さ / 最短即日
    • カード受け取り日 / 最短3営業日 
    • 年会費 / 無料
    • 限度額 / 100万円
    楽天が発行する年会費が永久的に無料のクレジットカード。
    通常のポイント還元率が1%と他のクレジットカードと比較しても倍のポイント還元率を誇ります。

    楽天カードの審査の早さは口コミでも話題になるほどで、「1分で審査結果が届いた」との声があるほど。
    審査は早いですが、手元に届くまでに最短3営業日はかかります。

    楽天カードは入会キャンペーンを定期的に実施しており、大々的にCMや広告が打たれているときは入会が混み合ってカードが届くまでに時間がかかる可能性があります。

     


    クレジットカードの発行期間はどれくらいかかる?

    クレジットカードの発行期間は通常どれくらいかかるのか、即日発行以外の人気クレジットカードから調査してみました。
    ※審査時間は口コミの情報を元に算出しています。
    カード名審査時間カード発行日
    JCB一般カード最短1時間最短翌日
    MUFGスマート最短即日最短翌営業日
    楽天カード最短5分最短3営業日
    三井住友カード最短即日最短3営業日
    アメリカン・エキスプレス・カード最短1分最短3営業日
    ライフカード最短即日最短3営業日
    VIASOカード最短即日最短3営業日
    dカード最短5分最短5日
    auWALLETカード最短2分最短一週間
    イオンカード最短1週間最短一週間
    オリコカード最短3分最短8営業日
    セディナカードJiyuda最短1分最短2週間
    即日発行に対応していないクレジットカードの場合、平均すると発行までに4.8日かかります。

    早くても3営業日、長くて2週間程度の発行期間です。

    特徴的なのは、いくら審査時間が短くても即日発行に対応していないと受取りまでに時間がかかってしまう点。
    セディナカードJiyudaは、審査ハードルも低く、審査スピードも早いクレジットカードですが、カード受取りまでに2週間はかかります。

    また、クレジットカードは申込み内容と受取方法によって発行までの期間が大幅に変わります。

    たとえばセゾンカードの場合、

    【オンライン(インターネット)申し込みの場合】 ◆カウンター受け取り
    19:30までに送信完了した場合、最短即日でカードをお渡しいたします。
    「審査結果メール」が届きましたら、セゾンカウンターでカードをお受取りください。

    ◆郵送受け取り
    審査結果メール到着日の翌日から数えて、最短3〜7営業日後にご自宅へカードを発送いたします。

    【郵送申し込みの場合】
    お申込書が当社へ到着後、3週間〜1ヵ月ほどでご自宅へカードを発送いたします。
    金融機関提携カードは、キャッシュカード・クレジットカード双方のお手続きをいたしますので、約1ヵ月から1ヵ月半のお時間を頂戴しております。
    引用元:よくあるご質問Q&A

    このように、ネットで申込み→カウンターで受け取れば即日発行が可能ですが、郵送で申込みと受取りを行うと1ヶ月程度かかります。

    すぐにクレジットカードを手に入れたい場合は、即日審査と発行に対応しているカードを選ぶのが重要です。

    審査結果がすぐわかるクレジットカードの共通点


    審査結果がすぐわかるクレジットカードには共通点があります。
    • クレジットカードのネット申し込みに対応している
    • 独自の自動審査システムを取り入れている
    • クレジットカードの即日発行に対応している
    ここさえクリアしているクレジットカードに申し込めば、すぐに審査結果がわかり、早くクレジットカードを手に入れられます。

    お急ぎの方は、この共通点を意識してクレジットカードを申し込んでみてください。

    クレジットカードのネット申込みに対応している

    クレジットカードのネット申し込みの画面のキャプチャ


    まずは、クレジットカードのネット申込みに対応している点。

    現在、クレジットカードの申込み方法は2パターン。
    • 申込書に記入する
    • ネット申込み
    今では、機械の導入によって審査を自動化するカード会社がほとんどですが、まだ同じくらい申込書への記入が必要なところも多いです。

    ▼クレジットカードの申込みの流れ

    クレジットカードの申込みの流れを説明した画像


    クレジットカードの申込みから発行までの流れを見てわかるように、申込書がある場合は申込情報のデータ化を経て審査が行われますが、ネット申込みではそのまま情報が反映されるため、すぐに審査に取りかかれます。

    申込書かネット申込みかによって審査は有利に働きませんが、申込みから審査完了までのスピードは格段にあげられます。

    即日発行に対応しているクレジットカードがネット申込みに限定されるのもそういった理由があるのかもしれません。

    また、申込書に直接記入を行うと記入ミスが起こりやすく、間違った場合は再度修正して郵送しなければいけません。
    最短での審査通過を目指すならネットから申込むようにしましょう。

    ネット申込みの方が審査完了までのスピードも早く、しかも特典があるケースが多いです。

    たまに、クレジットカードのネット申し込みでキャッシュカードの暗証番号など、個人情報の入力に不安を感じている方がいます。
    しかし、どこのクレジットカード会社も公式サイトに厳重なセキュリティとウィルス対策を実施しているので、安全性は一般的なサイトよりも高いと思って大丈夫です。

    仮に、口座情報と暗証番号がカード会社から漏れたとしても、不正利用はできません。


    独自の自動審査システムを取り入れている

    クレジットカードの審査スピードを上げている一番の要因は自動審査システムの導入です。

    申込みの情報を元に、機械が自動で審査を行うため、担当者が目視でいちいち確認する必要なく審査結果を即時に出せます。

    また、ACマスターカードや楽天カードのように独自の審査基準を設けているカード会社は、外部の情報よりも自社で持っている基準を元に審査を行うため、外部へ照合する時間が短縮され、審査結果が早く届きます。

    本審査の前に3秒診断が受けられるACマスターカード

    発行に独自の基準を設けているACマスターカードは、申込む前に公式サイトで3秒診断を受けられます。
    3秒診断で問題なければ、そのまま発行できる可能性が高く、今から申し込めば最短1時間で手に入れられます。

    早く、確実にクレジットカードを発行したい人は、まず3秒診断からスタートしてみてください。


    クレジットカードの即日発行に対応している

    即日発行に対応しているクレジットカード、中でも申し込んだその日に受け取れるクレジットカードは審査スピードがかなり早いです。

    申込み→審査→発行の流れを1日でやらなければいけないため、物理的に審査時間が短縮されます。

    クレジットカードを即日受け取る流れは下記の2通り。
    • ネット申し込み→審査→店頭で受取
    • 店頭で申込み→審査→店頭で受取
    この中でも特に、店頭申込みでの即日発行に対応しているACマスターカードセゾンカードエポスカードのようなクレジットカードは申し込んだその場で審査結果が出るので、かなりの審査スピードがあるといえます。

    さらにいうとACマスターカードは審査から発行まで最短1時間と驚きの早さ。なるべく早くクレジットカードを手に入れるためには、即日発行が必須条件と言えそうです。

    即日発行には店舗での受取りが必須

    クレジットカードを即日発行するためには、店頭での受取が必要です。
    セゾンカードならセゾンカウンター、エポスカードならマルイなど、クレジットカードを受取れる店舗が近くにない場合、即日発行は断念せざるをえません。

    ※その点、ACマスターカードは全国に自動契約機(むじんくん)があるので、地域を選ばないのがメリットでもあります。


    どうしても郵送でしかクレジットカードを受取れない方に、スピード発行に対応しているクレジットカードも合わせてご紹介します。

    スピード発行に対応しているクレジットカード

    クレジットカードの発行スピードが全体的に早まってきているとはいえ、申込みから2週間〜1ヶ月以上かかるものもまだまだあります。

    そんな中でクレジットカード即日発行ガイドでは、申込みから3営業日までに届くクレジットカード=スピード発行に対応しているクレジットカードと位置づけました。

    店頭での即日受取は難しいけれど、郵送でなるべく早く手元に届くクレジットカードを探している人が最速で手に入れられるクレジットカードがこちら。

    即日審査&最短翌日に届くJCB一般カード

    審査が早いクレジットカードとしても紹介したJCB一般カードですが、スピード発行にも対応しており、最短翌日に郵送で手元に届きます。

    申込みにあたり、
    • 指定の金融機関の口座がある
    • ネットバンキング契約カードかキャッシュカード・通帳が手元にある
    • 平日朝11時までに申込み完了している
    これらが問題なければ翌日にカードを手に入れられます。

    即日発行のクレジットカードを除くと、現時点ではJCBカードが最速で手に入れられるクレジットカードです。

    JCBのプロパーカードですし、一枚持っていると箔がつきますが、それだけに審査難易度は即日発行のクレジットカードと比較すると少々高め。

    JCBカードの入会基準 クレジットカードは、カードの種類ごとに一定の入会基準が定められています。JCB一般カードでは、「18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方」を基準としています。クレジットカードによっては、そのサービスの特徴に応じた基準年齢を設定している場合があります。
    引用:クレジットカードの審査や発行までの流れを徹底解説!|クレジットカードはJCB

    このように審査条件が「18歳以上」かつ「ご本人または配偶者に安定継続収入のある方」と限定されているため、過去のクレヒスや収入に問題がある場合は審査に通らず本末転倒になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

     


    ネット申込みで最短翌日発行のVIASOカード

    ネットからの申込みでスピード審査&スピード発行に対応しているVIASOカード。

    午前9時までの申込みで即日に審査結果が届き、最短翌日にカードを受け取れます。

    流通系カードなため、JCBカードに比べて審査の難易度も低めに設定されています。

    カードデザインも豊富で、ポイントプログラムにも優れているため、使いこなしやすいクレジットカードでもあります。

     

    その他、スピード発行に対応しているクレジットカードは「すぐに!早く手元に届くクレジットカードを発行日数別に紹介」でもご紹介しています。

    郵送のクレジットカードを早く手に入れるには

    クレジットカードの申込書(郵送用)


    「郵送のクレジットカードを速達やバイク便で早く受け取れるか?」とのご質問をいただきますが、クレジットカードの郵送方法は下記のように限定されています。
    • 受取人サポート
    • 本人限定受取郵便
    • 簡易書留
    • など

    カード会社が郵送方法を決めるため、速達やバイク便では送ってもらえません。どんな事情があるとはいえ、特別扱いするわけにはいかないので、どれだけ早くても1日以上はかかってしまいます。

    どうしても今すぐクレジットカードが必要な場合は、スピード発行対応のカードに申し込むのはもちろんですが、自分の足で取りにいける即日発行のクレジットカードに申し込んだ方が早いことも。

    セゾンカードやエポスカードは受取れる場所が限られていますが、ACマスターカードのように全国で受取れるクレジットカードを検討しても良いかもしれません。

    クレジットカードの審査が早い人の特徴

    クレジットカードの審査は人によって早さが違います。審査結果を待つ間は、審査に通れるかドキドキしてしまうもの。

    そこで、クレジットカード即日発行ガイドが調査を行い、審査が早い人の特徴をまとめてみました。

    審査が早い人の特徴@ クレヒスが良好

    クレジットカードの審査は「属性情報」と「個人信用情報(CICJICC)」を元に行われます。その中でも過去のカードやローンの利用履歴で審査に引っかかると時間がかかるケースが多いです。

    機械審査で効率化しているとはいえ、過去のクレヒス(クレジットカードヒストリー)に問題があれば、担当者が目視でチェックを行います。

    借りたお金をきちんと返していて、金融事故情報や遅延情報がなければ、機械審査に引っかからず、担当者の目視チェックも不要なため、審査が早く終わります。

    「数年前〜数十年前にローンの返済を1回だけ滞らせてしまった…」このような方は、状況にもよりますが、悪いクレヒスは5年程で消えると言われているため、さほど気にする必要はありません。

    審査が早い人の特徴A 早い時間帯に申し込んでいる

    クレジットカードのネット申込みは24時間受け付けているカード会社が多いですが、審査は営業時間内しか受け付けてもらえないカード会社も多いです。

    即日審査だからと申し込んだのはいいものの、営業時間が過ぎており、実際に審査してもらえるのは翌日なんてケースも起こります。

    また、ネットで申し込み後、カード会社指定の場所での受け取りの場合、営業時間を確認しておきましょう。

    審査に通っていても、営業時間外になってしまうとカードを受け取れず、翌日発行になってしまうので注意が必要です。

    審査が早い人の特徴B 申し込み時の入力間違いがない

    申し込みにおいて、入力漏れや記入ミスは審査に大きく影響し、カード会社への信用も失ってしまいます。

    申込時は丁寧に、正確な入力(記入)が重要です。

    申込み時に間違えやすい項目の例)
    住所
    年齢
    収入・世帯収入
    勤務先住所・業種
    他社の借り入れ金額

    意外と適当に入力したり、間違えて入力してしまい、審査に通れなかった人が多いのも事実です。

    審査が早い人の特徴C キャッシング枠を希望していない

    クレジットカードに申込む際、キャッシング枠の設定金額を聞かれますが、なるべく早く審査に通りたい場合は、キャッシング枠を0円もしくは最低額にして申込みするのが鉄板です。

    キャッシング枠は、クレジットカードの発行と違った視点で審査が行われます。キャッシング枠を付帯してしまうと、クレジットカードの発行に加えてキャッシング機能を付けても良いか?追加で審査時間がかかってしまいます。

    キャッシング枠を付けて審査に通りにくくなる可能性もあるため、今すぐに必要でなければ付けないのが一番です。

    キャッシング枠はカード発行後に公式サイトや店頭から追加で申し込めます。

    審査が早いクレジットカードって安全なの?

    安全です。
    クレジットカードの発行には必ず審査が必要です。審査が早いクレジットカードでも、適当に審査を行っているわけではなく、きちんと審査が行われているので安全性に問題はありません。

    そもそも法外な条件を審査基準にするような危険なクレジットカードは、国内に存在していません。

    仮にあったとしても、クレジットカード即日発行ガイドでの紹介はありません。



    審査が早いクレジットカードの審査は甘いの?

    審査が甘い訳ではありません。

    「審査が早い=審査が甘い」といった認識は間違いです。

    どんなクレジットカードも審査基準を設けて、適正な審査がクレジットカード会社や個人信用情報機関を通して行われています。

    例を挙げると、JCB一般カードは即日審査に対応していますが、社会人を利用対象としているため、収入があってもパート・アルバイトでは審査に通りにくく、審査のハードルが高めなクレジットカードだと言われています。

    ただカード会社によっては利用限度額、キャッシング枠を低く申し込むと、比較的審査に通りやすいカードもあります。

    クレジットカードの審査内容や甘いと言われるカードについては、別ページで解説しているので審査内容に不安を感じている方はチェックしてみてください。

    学生でも審査が早いクレジットカードはある?

    学生向けで即日審査のクレジットカードがあります。

    アルバイトなどで安定した収入がある学生であれば、審査の早いクレジットカードに申し込みは可能です。

    今すぐにでもクレジットカードが必要な学生であれば、ランキングでご紹介したACマスターカードがおすすめ。

    詳しくは「学生でも即日発行できるクレジットカードと審査から作り方まで」をご覧ください。

    審査の早いゴールドカードが知りたい

    JCBゴールドなら即日審査、最短翌日発行です。
    JCB一般カードと同様に、JCBゴールドも最短翌日発行に対応しています。

    • ネット口座の登録
    • ネットバンキングもしくはキャッシュカードか通帳の用意
    • 当日午前11時までに申込み

    上記を満たせば次の日に手元にゴールドカードが届きます。

    JCBゴールドはゴールドカードのスペックを持ちながら10,000円の低年会費。グレードの高い保険やサービスが特徴のクレジットカードです。

    海外旅行が近づいており、補償が手厚いクレジットカードをすぐに発行したいと考えている方におすすめ。
    審査難易度は上がりますが、審査に通れば申し込んだ翌日にカードを受け取れます。

    土日・祝日だとクレジットカードの審査スピードは変わる?

    営業時間内であれば、土日・祝日など曜日に関係無く審査してくれます。
    ネット申し込みに対応したクレジットカードであれば、ほとんどのカード会社が土日・祝日でも問題なく審査に対応してくれます。
    早いところであれば、最短審査ですぐにクレジットカードができます。

    ただし、土日祝日は審査部門が営業を停止している場合は、土日祝の審査が見送られ、翌営業日の審査となります。

    ちなみに、ACマスターカードであれば、土日・祝日でも最短即日審査が可能、審査時間も平日と変わらず最短30分です。


    流通系のクレジットカードは審査が早い?

    数あるクレジットカードの中でも、流通系のクレジットカードは審査が早い傾向にあります。

    流通系のクレジットカードの例)
    エポスカード
    楽天カード
    イオンカード
    セブンカード・プラス
    など

    流通系のクレジットカードは、サービス利用者を増やすのを目的として発行しているため、審査も効率化されています。

    流通系大手の楽天カードは口コミで「1分で審査結果が届いた」とあるほど。Paypayと連携できるヤフーカードも公式サイトで「2分で審査完了」と謳っています。
    更新日: