主婦はクレジットカードをおすすめだけで選んではいけない!

主婦だからクレジットカードは作れない?
収入が安定しない主婦でもクレジットカードは作れる?

というお問い合わせを、たまにいただきます。

結論からいうと、主婦の人でもクレジットカードを持つことは可能です。

しかし、主婦がクレジットカードを選ぶときに、おすすめという理由だけで選んではいけません。

おすすめという理由だけで、なんとなくクレジットカードを選んでしまうと、、、
ポイント面で失敗
ポイントが全く貯まらない又は、ポイントの有効期限が切れてしまった。
コスト面で失敗
年会費は初年度だけ無料で2年目から余計なコストがかかってしまった。
審査で失敗
審査のことを理解せず申し込んだ結果、審査に落ちてしまった。
このような失敗をしてしまう恐れがあります。

特に家計を預かる主婦の人であれば、ポイント面やコスト面で、最もお得に使えるカードを選びたいですよね。

そこで、クレジットカード即日発行ガイドでは、主婦の人のために、本当におすすめのクレジットカードを紹介していきます!

また、主婦がクレジットカードを申し込むにあたり不安な審査についても解説しているので参考にしてみてください。

主婦に本当におすすめのクレジットカード

自分に合ったクレジットカードを選ぶには、よく利用するお店できちんとポイントが貯まるか、貯まったポイントをどのように活用していくかを考えながら選ぶのがポイントです。

パートやアルバイトをしている主婦はもちろん、無収入である専業主婦の人でも申し込めるおすすめのクレジットカードの特徴を分かりやすく解説していきましょう!

マルイでお得に買い物したい主婦には「エポスカード」

年会費 無料
国際ブランド VISA
還元率 0.50%〜1.25%
付帯保険 海外旅行傷害保険
ETCカード 年会費無料
発行期間 最短即日
締め日と支払日
締め日/毎月4日 支払日/翌月4日
締め日/毎月27日 支払日/翌月27日


エポスカードは年会費無料、即日発行可能のマルイのクレジットカードです。

カード会員向けのセール「マルコとマルオの7日間」で10%割引、ショッピングセール特典が用意されているので、まさに女性である主婦層をターゲットとしたクレジットカードと言っていいでしょう。

また、マルイで利用する以外にも特典が充実しており、提携している全国5000店舗以上のお店を優待価格で利用できる優待特典があります。


エポスカードは、マルイで買い物がお得になるのはもちろん、それ以外でもお得に使えるのが主婦に人気の理由です。

エポスカードの公式サイトはこちら


西友、イトーヨーカドーを利用する主婦であれば「セゾンカードインターナショナル」

年会費 無料
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
還元率 0.5%
付帯保険 紛失・盗難補償
ETCカード 年会費無料
発行期間 最短即日
締め日/毎月月末 支払日/翌々月4日

ポイント有効期限のない永久不滅ポイントで有名なセゾンカードインターナショナル。

セゾングループが発行しているクレジットカードなので、西友、リヴィンなどでの買い物が毎月5日と20日の2回、5%オフになるので、食料品や日用品がお得に購入できます。


また、即日発行ができるクレジットカードなので今すぐクレジットカードが欲しいと思っている主婦にはもってこいのカードの1つです。

(参考記事:セゾンカードの即日発行はセゾンカウンターが近くにあればできる!

セゾンカードの公式サイトはこちら


パルコでお得に買い物したいなら「PARCOカード」

年会費 無料
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、AMEX
還元率 0.5%
付帯保険 紛失・盗難補償
ETCカード 年会費無料
発行期間 約3週間
締め日/毎月月末 支払日/翌々月4日

PARCOカードは、株式会社クレディセゾンとPARCOとの提携によって発行されているクレジットカードです。

PARCOカード入会後1年間は5%オフなので、レストラン、洋服など全て5%オフで買い物ができます。


さらに、パルコ内にある映画館、レストラン、駐車場割引等PARCOカード専用の優待をうけられるのも魅力です。

パルコをよく利用する主婦にはお得なカードとなります。

パルコカードの公式サイトはこちら


楽天ヘビーユーザーの主婦なら女性向け「楽天PINKカード」

年会費 無料
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
還元率 1.0%
付帯保険 海外旅行傷害保険 /紛失・盗難補償
ETCカード 500円(税抜)
発行期間 約1週間
締め日/毎月月末 支払日/翌月27日

会員数1200万人を誇る有名な楽天カードの女性用カード「楽天ピンクカード」

楽天ピンクカードは、女性のための保険サポートや、ライフスタイル応援サービスを提供しているのが特徴です。
「ライフスタイル応援サービス」
月額324円で飲食店、映画チケット、介護・育児サービスなど、ライフスタイルに関する110,000以上のサービスを割引価格で利用できるサービス。


「楽天ピンクサポート」
女性のための保険を月額200円〜280円でうけられる保険サービス。

このように女性へ向けた嬉しいサービスが付帯しています。

楽天カードの公式サイトはこちら


地方住まいの主婦であれば「イオンカード」が最強!

年会費 無料
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
還元率 0.5%〜1.0%
付帯保険 ショッピング保険
ETCカード 年会費無料
発行期間 約3週間
締め日/毎月10日 支払日/翌月2日

イオンカードは年会費無料でありながら、
  • 毎月20日、30日の買い物5%オフ
  • 毎月5のつく日はポイント2倍
  • 毎月10日ポイント2倍
そして、頻繁にセールが開催されるので、自分が住んでいる近くにイオンがある主婦には、イオンカードは最強カードと言えるでしょう!

また、幼少期から中学生くらいの子育て主婦には「ベネッセ・イオンカード」がおすすめです。


子育てや教育することに特化した会社ベネッセとの提携カードなので、進研ゼミやこどもちゃれんじに入会している方はチェックしておきましょう!

イオンカードの公式サイトはこちら


無印良品好き主婦には必須「MUJI カード」

【年会費無料VISAの場合】
年会費 無料
国際ブランド VISA
還元率 0.5%〜1.8%
付帯保険 -
ETCカード 年会費無料
発行期間 約3週間
締め日/毎月10日 支払日/翌月4日

主婦以外の人でも人気がある無印良品。

もう少しお手ごろ価格で手に入らないかなと思っている主婦の人であればMUJIカードがおすすめです!

MUJIカードの最大のメリットは、年に数回ある無印良品週間で10%オフで購入できることです。

誕生月にMUJIカードで無印良品で買い物すれば、誕生月の翌月にMUJIショッピングポイント500円相当がもらえ、年2回、5月と12月に500円相当のMUJIショッピングポイントがもらえます。

何もしなくても年間1,500円分、無印で買い物できるということです。


無印良品をよく利用する主婦には非常に嬉しい特典ですよね。

実質年会費無料で主婦でも持てるアメックスカード「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」

年会費 1,000円(税抜)
年間1回以上のショッピングまたはキャッシングの利用で翌年度年会費無料
国際ブランド AMEX
還元率 0.5%
付帯保険 紛失・盗難補償
ETCカード 年会費無料
発行期間 約3週間
締め日/毎月月末 支払日/翌々月4日

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンカードとアメリカン・エキスプレスが提携して発行するカードです。

アメックスと聞くと、年会費が高く、発行日数がある程度かかるイメージがありますが、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費は実質無料!(年会費は1,000円(税抜)、年1回以上の利用又は、キャッシング利用がある場合は年会費が無料)

セゾングループが発行しているクレジットカードなので、西友、リヴィンなどで毎月5日と20日の2回、5%オフで食料品や日用品が買い物できます。

クレジットカード審査について主婦が知っておくべきこと

主婦には、
兼業主婦
パート、アルバイトによって収入を得ている
専業主婦
配偶者(夫)の収入だけで家計のやりくりをしている。
この2パターンに分けられ、審査の基準も異なります。

兼業主婦と専業主婦、2つの審査基準について説明していきましょう。

兼業主婦の場合の審査に重要なのは年収と勤続年数

パートやアルバイトをしている兼業主婦の人は、個人としての収入でクレジットカードに申し込めます。

年収の基準ですが、配偶者に代わりに支払ってもらえるので、年収100万円以下でも問題ないと言われているようです。

また、審査において年収と同じくらい重要になるのは勤続年数です。

収入が持続できるかという面が見られ、1年以上は必要といわれます。

専業主婦でクレジットカードの審査を通るためには、最低1年以上の勤続年数と、安定した収入(100万円程度)があれば審査に通りやすくなるでしょう。

専業主婦の場合は配偶者が審査対象

専業主婦の場合は収入がないので、カードの支払いは全て配偶者がおこなうと判断され、夫である配偶者が審査対象となります。

なので、配偶者の属性情報が審査に大きく影響してきます。

属性とは、年齢、性別、職業、就業形態(正社員、自営業、アルバイト、契約社員等)、年収、居住年数、居住形態(持ち家、賃貸マンション、賃貸アパート等)、婚姻(配偶者)の有無など。社会的地位や環境など、申込者の情報のこと。


配偶者の年収や勤続年数などの属性情報が申し込むクレジットカードの審査基準を満たせば、審査に通ることは十分に可能です。

しかし、配偶者の年収が極端に低い、勤務年数が短く転職を繰り返している、頻繁に転居を繰り返している場合は、支払い能力が低いと判断され審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

また、配偶者が過去にクレジットカードの支払いや、キャッシングなどの返済が遅れたり、自己破産や任意整理などの債務整理をおこなっていたなどの金銭事故を起こしてしまっていた場合、クレジットカード審査通過は非常に厳しくなります。

言うまでもありませんが、もちろん自分が金融事故を起こしている場合も審査は通りません!


専業主婦がクレジットカード審査は、本人の属性や信用情報と合わせ、配偶者の属性や信用情報が良好であれば問題なく審査に通るでしょう!
審査に通るか心配…。でもすぐにクレジットカードが欲しい!という兼業主婦の人には「ACマスターカード」がおすすめです。
詳しいACマスターカードの審査情報は「ACマスターカードの審査に通りたいなら知っておきたいこと」をご覧ください!


即日発行のクレジットカードは審査に通りやすい?

ネットなどで、即日発行ができるクレジットカードは審査が甘いという情報をよく見かけます。

確かに、審査結果が出るのが早いので審査基準が緩いと思っている人が多いようです。

しかし、即日発行のクレジットカード会社でもきちんと審査はきちんとおこなわれているので、審査が甘いことは決してありません。

(参考記事:即日発行のクレジットカードは審査が甘いって本当?

主婦がクレジットカード審査に通るための対策

主婦ができるだけ審査に通りやすくするための対策は3つ。
多重申し込みはしない
キャッシング枠は少なく申し込む
ショッピング限度額は低めに設定する

多重申し込みはしない
多重申し込みとは、1度に複数のクレジットカードに申し込んでしまう行為のことです。

他社への複数の申し込みが発覚した場合、「お金に困っている」と判断され、審査に通らない場合があります。

審査が不安だからと複数のカードを申し込むのは絶対にやめましょう。
キャッシング枠は少なく申し込む
キャッシング枠は、貸金業法の総量規制という法律によって「年収の3分の1以下」と定められています。

そうなると年収が低い主婦の場合、キャッシング枠を0円に設定するか、キャッシング希望額を低めにする必要があります。

キャッシングが不要な場合であれば、審査通過を優先に考えキャッシング枠0円で申し込みましょう。

専業主婦の場合、キャッシング枠が付帯されていないことも多いようです。

ショッピング限度額は低めに設定する
主婦の場合、一般的にショッピング限度額が10万円〜30万円と設定されているようです。

クレジットカードを使ってショッピングを楽しみたい気持ちもあると思いますが、審査を通るためにショッピング限度額は10万円に設定しておきましょう。

使っていてショッピング限度額を増やしたいと思ったら増額も可能です。
増額について少し詳しくしていきましょう。

主婦がショッピング限度額を増額する方法

作ったカードのショッピング限度額を増額するには、
  • 増額申込する
  • 利用状況によって自動的に増額
この2つの方法で増額することは可能です。

自動的に増額増額待つ余裕がない場合は増額申込をする必要があります。

増額申込をする前に重要なのが「利用実績」です。 最低でも6ヶ月以上、カードの支払いの遅延がなくきちんとした利用実績を作りましょう。


増額申込方法は、クレジットカードの会員ページで申し込むことは可能です。

ショッピング限度額の増額するにあたり不安がある人は、クレジットカードのコールセンターに連絡して相談してみることをおすすめします。

コールセンターに問い合わせすることで、増額したい理由をきちんと伝えることができるので増額に応じてくれるパターンもあります。

また、カード会社によって一時的な増枠が可能なケースもあるので(短期間だけ利用限度額を増額)相談してみて損することはありません。

主婦の人がクレジットカードをおすすめだけで選ぶと損をする

生活するにあたり、食費、日用品はもちろん、家賃、光熱費、学費や保険など様々な支出が発生します。

これらの支払いをクレジットカードに変えることで、家計の管理が楽になり、カードの特典、割引、ポイントでお得に使え節約になります。

それを考えると、家計を切り盛りする主婦の人にとってはクレジットカードはありがたいアイテムと言えるでしょう。

今は主婦層をターゲットにしているクレジットカードが沢山存在しており、主婦であってもクレジットカードを作りやすい環境です。

しかし、おすすめという理由だけでクレジットカードを選んではいけません。

クレジットカードのどんな特徴が自分にとっておすすめなのかをきちんと見極めて選ぶ必要があります。

是非、自分の生活にあったクレジットカードを見つけ、今よりお得に楽しく買い物を楽しみましょう!

主婦の人が疑問に思うクレジットカードのこと

主婦がクレジットカードに申し込むにあたり、疑問に思うことをQ&A形式でまとめました。
結婚して専業主婦になる場合、結婚前に持っていたクレジットカードはどうなるの?
継続して使用することができます。
結婚を機に勤めていた会社を退職し専業主婦になった場合でも、今まで持っていたクレジットカードを使うことはできます。
その場合、名義などの変更手続きと同時に、職業変更手続きをおこなう必要があります。
旧姓のままクレジットカードを使用しても大きな問題はありません。
しかし、
クレジットカードの更新時にカードが届かない
海外旅行で使用できない
銀行口座が新姓、カードが旧姓の場合正常に引き落とされない
といったトラブルも多いので、旧姓のクレジットカードの使用はおすすめしません。
クレジットカードの変更手続きが少し面倒に感じてしまいますが、速やかに終わらせ新生活を楽しみましょう。
万が一離婚した場合の手続きは?
基本的に結婚したときと同じです。
結婚したときの手続き同様、名義変更、住所変更、電話番号変更、銀行口座変更手続きが必要です。
当たり前の話ですが、家族カードの場合は解約しなくてはなりません。
離婚後に使用した場合、元妻である自分が支払うことになってしまうので速やかに解約しましょう。
結婚したら旧姓でのクレヒスはどうなる?
新姓になってもそのまま引き継がれます。
信用情報は生年月日や勤務先など、名前以外の個人情報も載っているので、名前が変わっても本人を特定することは可能です。
なので、結婚する前に起こしてしまった金融事故は残念ながらそのまま引き継がれ、審査に影響してきます。
主婦に家族カードがおすすめというのは本当?
一概には言えません。
信家族カードとは、本会員の家族専用のカードのことです。
家族カードは、
  • 審査に通りやすい
  • 家族でポイントを効率よく貯められる
  • 本会員と同等なサービスがうけられる
  • 年会費無料など、家族だからこそうけられる
  • 年会費も格安または無料なことが多い
と、メリットがあり一見お得と思われていると同時に、注意しなければならないデメリットもあります。
それは
  • 個人のプライバシーが守られない
ということです。
家族カードだと利用した全ての人の明細がまとまって本会員に届くので、購入履歴が家族にオープンになってしまいます。
なので、いつ、どこで、何のためにクレジットカードを使ったという情報を共有することになります。
家族カードは、新規で申し込んだクレジットカードの審査に落ちてしまったとき最終手段としてとっておくのが無難です。